2019年8月13日 更新

エンジン(内燃機)動力伝達の説明。

エンジン(内燃機)動力伝達の説明。

エンジン(内燃機)動力伝達の説明。

エンジン(内燃機)動力伝達の説明。
 (1218)

 (1219)

4サイクルエンジン(内燃機)は、1876年ドイツのニコラス・アウグス・オットーさんにより完成された大変歴史と技術の蓄積がある動力原になります。
 (1223)

内燃機の誕生当初は、高出力・高速化に開発の重点が置かれていましたが、
20世紀後半には環境破壊の要因に上げられ、有害排出ガス・燃費の低減に
開発の重点が変わる様になりました。
 (1222)

しかしエンジン(内燃機)の各部働き・役割は、誕生当初とほとんど同じであり
車の不調・不具合発生時には、先人達が培ってきた原理原則に照らし合わせ
緻密に故障診断する事か本当に大切になってきます。
 (1226)

近年では、コンピューター化が進んでいますが、
コンピューターが監視・制御しているのは機械的な部品の動きになります。
 (1228)

車の好調維持、燃費向上には今軽視されがちで見落とされてしまっている、
機械部品の本来の動きの向上を動力伝達部分も含めて調和させる必要が有ります。

今後 少しずつ丁寧に解説・説明するつもりです。宜しくお願いします。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

BMW エンジン不調。

BMW エンジン不調。

BMW エンジン不調。アイドリング不安定。エンスト。
ロータス エボーラ車検。

ロータス エボーラ車検。

ロータスエボーラ車検。レックス施工。エンジンオイル交換。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム