2019年8月9日 更新

【エンジンオイルの基礎 豆知識】車の不調・故障・修理に関する情報。

【エンジンオイルの基礎 豆知識】車の不調・故障・修理に関する情報

32 view お気に入り 0

【エンジンオイルの基礎 豆知識】車の不調・故障・修理に関する情報。

【エンジンオイルの基礎 豆知識】

【エンジンオイルの基礎 豆知識】

エンジンオイル (engine oil) とは、エンジンに使用するための油であり、様々な機能の為に使用されるが、主となる潤滑作用を元に潤滑油とも呼び、モーターオイル (motor oil) と呼ぶこともあります。
エンジンの動作に必須であり、
エンジン内各部へ行き渡ることで後述するような様々な機能を担っています。
またエンジンオイルはエンジン内部の潤滑などを行い、エンジンの動きをスムーズにするものです。
エンジンオイルには、主に以下のような作用がある。
・潤滑
・冷却
・気密保持
・清浄分散
・防錆防食

 (945)

潤滑
レシプロエンジンでは金属製のシリンダー内をピストンが毎分数千回上下する他、クランクメタルやカムなど、金属同士がこすれ合うによる摩擦によって、金属の磨耗や発熱を生じる。それらを流体潤滑作用・弾性潤滑作用・境界潤滑作用により、摩擦を軽減し、エンジン内各部を潤滑するのが、エンジンオイルの重要な作用である。ロータリーエンジンも、金属製のハウジング内をローターが高速回転する為に潤滑が必要である。
冷却
エンジンオイルがエンジン内各部を巡る際に、エンジンで発生した熱を奪うことでエンジンを冷却する事も、重要な作用である
気密
シリンダーとピストンは完全に密着している訳ではなく、熱膨張に対応する面とピストンが運動できるように隙間(クリアランス)が設けてある。この隙間に入り込んで両者を潤滑するとともに気密性を保持するのも、エンジンオイルの重要な作用である。エンジンオイルはそれらの表面に液体の膜(油膜)を形成する
清浄分散
エンジンが稼動すると、その過程で様々な化合物やスラッジ等の「汚れ」が発生する。これらの汚れがエンジン内に溜まると、故障の原因となったり、エンジンの寿命を短くする一因となる。これをできるだけ防ぐ為に、エンジン内に発生した汚れを取り除いてできるだけエンジン内を清浄に保ったり、取り除いた汚れを自らの中に取り込んで特定の箇所に溜まらないように分散させるのも、エンジンオイルの重要な作用の1つである。
防錆防食[
燃料は燃焼によって水分を生じる。また、エンジン内外の気温差による結露によって内部に水分が発生することがある。これらの水分がエンジン内部の部品に錆や腐食を発生させる原因となります。
エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味
 (953)

 (954)

 (955)

 (956)

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エンジンオイルの基礎 豆知識。

エンジンオイルの基礎 豆知識。

エンジンオイルの基礎 豆知識。
エンジンオイル・ATF・CVTFの重要性。

エンジンオイル・ATF・CVTFの重要性。

エンジンオイル オートマオイル CVTオイルの解説です。
女性のための愛車ガイド!

女性のための愛車ガイド!

女性のための愛車を長持ちさせるためのガイドブック。
ダイハツ ミラココア 車検。

ダイハツ ミラココア 車検。

ダイハツ ミラココア 車検。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム