2021年10月29日 更新

【2021年】スタッドレスタイヤ基礎知識 

スタッドレスタイヤの基礎知識 おすすめスタッドレスタイヤ!

252 view お気に入り 0

スタッドレスタイヤ

 (5760)

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは、冬場の氷上や雪道といった摩擦が少なく滑りやすい路面を
しっかり捉える為に開発された、氷上や雪道を安全に走るためのタイヤの名称です。

ノーマルタイヤ(夏タイヤ)と比較すると、一般的にゴムが柔らかく、
深い溝が多数刻まれた独特なトレッドパターンを採用している点が大きな特徴になります。

よって氷上や雪道で自動車が滑る原因を除去し、氷や雪などをしっかり捉えることができるため、しっかり止まる・曲がるといった運転操作を行うことが可能になります。

各メーカーがゴムの品質やトレッドパターンに工夫を凝らしたことで性能の向上が著しく、
降雪地帯で暮らす人も冬季はスタッドレスタイヤに換装するのが一般的。

ただし、大雪などで「チェーン規制」が出たらスタッドレスタイヤ装着車でもチェーンが必要になります。冬季はスタッドレスタイヤに換装+念のためのチェーンをトランクに積んでおく事が
必要になります。

スタットレスタイヤの性能を過信せず、スピードをひかえて
安全運転をこころがけましょ!

スタッドレスタイヤの選び方

ご自身の日常生活で走行機会が多い路面環境や
求める性能から充分考慮してスタッドレスタイヤを選びましょう。
 (5765)

スタッドレスタイヤのは大きくわけて7大性能があります。

①氷上性能
 凍結した路面で安全に止まり、曲がることができる性能

②雪上性能
 雪の路面で安全に止まり、曲がることができる性能

③ウエット性能
 濡れた路面で安全に止まり、曲がることができる性能

④ドライ性能
 乾いた路面でもしっかり感があり、快適に走れる性能

⑤効き持ち性能
 凍結路や雪路での効きを長く持続させる性能

⑥静粛性能
 走行時の路面とタイヤから発生する音を抑える性能

⑦ライフ性能
 摩耗を抑え、タイヤを長持ちさせる性能

現在ご利用の車の適正な、スタッドレスタイヤを選びましょう。

タイヤサイズ表示の仕方は、下記の様にタイヤの側面に表記されています。

タイヤの寸法は、サイズ表示毎にタイヤの製品規格によって定められている範囲の寸法になります。
 (5769)

 (5770)

 (5771)

スタッドレスタイヤの交換時期は?

冬が来る前の早めの交換をオススメします!

雪が多い地域はもちろんのこと雪の少ない地域でも

雪が降っていなくても気温が3℃以下になると路面が凍結する可能性が高くなり危険です。

雪が降る前でも路面凍結の可能性があるため、冬が来る前の早めの交換をオススメします!
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スタッドレスタイヤの選び方とおすすめタイヤ解説。

スタッドレスタイヤの選び方とおすすめタイヤ解説。

スタッドレスタイヤの選び方とおすすめタイヤ解説。
【2021】オールシーズンタイヤ基礎知識

【2021】オールシーズンタイヤ基礎知識

【2021】オールシーズンタイヤ基礎知識。
【2020】冬のドライブ安全快適対策!

【2020】冬のドライブ安全快適対策!

愛車の冬支度。スタッドレスタイヤ タイヤチェーン バッテリー ワイパー 冷却水など
【2020年】スタッドレスタイヤ基礎知識 

【2020年】スタッドレスタイヤ基礎知識 

スタッドレスタイヤの基礎知識 おすすめスタッドレスタイヤ
アルファード暖房(ヒーター)効き悪い修理。

アルファード暖房(ヒーター)効き悪い修理。

エアコンの設定を暖房にしても温もらない。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム