2020年6月13日 更新

フォルクスワーゲン タイミングベルト交換。

フォルクスワーゲン タイミングベルト交換せずに切れた場合は、エンジンが故障します。

423 view お気に入り 0

フォルクスワーゲン タイミングベルト交換。

 (4911)

タイミングベルトの交換作業は、整備技術レベルが高いため、

ディーラーや修理工場に作業を依頼しましょう。

タイミングベルトはゴムの樹脂で作られており、

切れにくいように繊維(主にナイロンやグラスファイバー)のワイヤーが入っています。

内側は同じくゴム製のコマが付いており、シャフトの歯車と噛み合う形状です。

ゴムは時間が経つほど硬くなる性質があり、

本来の役割を果たさなくなったり、亀裂が入りやすくなったりします。

交換時期の目安は、

一般的な日本製乗用車では10年または10万 km前後とされているます
 (4913)

タイミングベルトを交換せずにそのまま使い続けると、

ベルトそのものが切れたり、コマがこぼれて滑ったりする恐れがあります。

どちらにしてもピストンとバルブのタイミングが合わなくなり、

内部でぶつかってエンジンが壊れてしまいます。
 (4916)

 (4915)

日本車 国産車に比べて欧州車・輸入車の場合は、

タイミングベルト交換時期が5万キロぐらいが目安になります。

欧州車には、タイミングベルトが切れると

エンジンが壊れるものが多いので早めの交換をお勧め致します。

タイミングベルト交換作業時に同時にしたい作業、

一般的にタイミングベルト アイドルプーリー ウォーターポンプ

上記3点の同時交換になります。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フォルクスワーゲン 加速不良タービン交換。

フォルクスワーゲン 加速不良タービン交換。

フォルクスワーゲン パサート 加速不良 タービン交換。
フォルクスワーゲン バリアント オイル・タイヤ・バッテリー交換。

フォルクスワーゲン バリアント オイル・タイヤ・バッテリー交換。

フォルクスワーゲン バリアント オイル・タイヤ・バッテリー交換。
フォルクスワーゲン エンジンオイル交換。

フォルクスワーゲン エンジンオイル交換。

フォルクスワーゲン エンジンオイル交換。
フォルクスワーゲン 車検・コンピューター診断。

フォルクスワーゲン 車検・コンピューター診断。

フォルクスワーゲン 車検・コンピューター診断。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム