2021年11月13日 更新

アルファード暖房(ヒーター)効き悪い修理。

エアコンの設定を暖房にしても温もらない。

52 view お気に入り 0

アルファード暖房(ヒーター)効き悪い修理。

 (5845)

H15年式 TA-MNH10W 走行距離16万キロ。
 (5847)

エアコンの設定を、暖房に設定しても温い風が出てこないケースあります。

いくつか原因が有りますが、今回は冷却水の温度調整役をになっている

サーモスタットと言う部品が壊れていて水温がしっかり上がりませんでした。
 (5849)

自動車の暖房(ヒーター)は、エンジンを冷やすための冷却水を室内にひいて、

温泉の熱を利用する感じで室内を温めています。
 (5851)

エンジンが冷えている状態では、冷却水の通路をせき止めて水温が80度以上上昇するまで

通路閉めてます。エンジンが温かくなると冷却水の通路を開けてラジエターまで水をまわして

水温が異常に上昇するのを防止します。
 (5853)

上記の画像 左新品 右壊れた部品
 (5855)

右の壊れた部品をよく観察すると、部品下部の所が右新品に比べて

上に上がっているのがわかります。本来冷間時は、右新品の様に下がって

通路ふさがないといけないですが、上がってしまい冷却水がラジエター入り

水温が規定値まで上昇しない状況をつくっていました。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタアルファード エンジン警告灯点灯。

トヨタアルファード エンジン警告灯点灯。

トヨタ アルファードエンジン警告灯点灯。コンピューター診断修理。
スバルインプレッサ ラジエター修理。

スバルインプレッサ ラジエター修理。

冷却水漏れ修理 スバルインプレッサ ラジエター交換。
カーエアコン修理。

カーエアコン修理。

日産エルグランド カーエアコン修理。
車の暑さ対策!エアコン点検!

車の暑さ対策!エアコン点検!

エアコン点検!カーエアコンの冷温風、とりわけ冷房サイクルを通して供給される乾燥した送風により、フロントガラスやサイドガラスの霜取りや曇り取り(デフォッガー/デフロスター)を行う機能も持たせられている。
トヨタハイエース オルタネーター交換。

トヨタハイエース オルタネーター交換。

トヨタハイエースKR-KDH200V オルタネーター交換。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム