2019年8月2日 更新

レーダー探知機 基礎知識

レーダー探知機の基礎知識に関する情報記事です。

398 view お気に入り 0

「レーダー探知機」 基礎知識

レーダー探知機とは?

 (24)

その名の通り 速度取り締まり装置から発せられるレーダー波を検知することにより、ドライバーに安全運転を促す装置です。
また無線情報を受信する機能やGPS機能なども搭載。
さらに、カーナビのように詳細な地図表示が出来るまで進化した商品もあります。

1 レーダー探知機の種類(モデル)

 (29)

スタンダードモデル

速度取り締まり用レーダーは、基本レーダー波によって速度違反車両を見つける仕組みになっています。

以下、レーダー方式名称の解説
「レーダー式オービス」
一般的なレーダー波式タイプ、道路上方に設置したレーダー発射装置で走行車両に電波を照射して跳ね返ってきた波長から速度を算出して、スピード超過していると判断すると後方に設置したカメラでスピード超過車両を撮影します。

「新Hシステム」
レーダー波の照射とデジタル撮影を行うタイプです。
従来と違って短い周期で継続的にレーダーを発射するタイプです。

「ステルス型」
道路脇に設置するタイプです。
待機中はレーダー照射されず、走行車両が速度測定ゾーンに近づいた時だけ数秒間レーダーを照射します。
 (35)

GPS搭載モデル

「ループコイル式」
レーダー波を使用しないタイプ。
道路上の3ケ所に磁場を発するループコイルを埋め込み、その上部を通過する車両の速度を計測します。

「LHシステム」
ループコイル式とHシステムを組み合わせたタイプ

2 レーダー探知機の形状・タイプ

 (38)

一体型

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム