2019年8月2日 更新

フィアット、アルファロメオの安全運転支援機能について

フィアット、アルファロメオの安全運転支援機能に関する情報記事です。

フィアット、アルファロメオの安全運転支援機能

フィアット、アルファロメオが採用しているセーフティテクノロジーは世界最高水準。
様々な安全装備が高いレベルで融合する事により、運転者の直感的な操作をサポートして、事故などの危険回避を支援します。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
 (264)

前方衝突警告(FCW)と自動緊急ブレーキ(AEB)
このシステムは、歩行者認識機能とアクティブブレーキ機能を備え、万が一 衝突の危険が高まると警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意を促します。
50km/h以下で走行時、自動車の前方にいる歩行者などを検知します。
前方障害物との衝突の危険が高まっているがドライバーの回避操作が遅れてシステムが衝突すると判断した場合は自動的に緊急ブレーキを作動させます。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
 (266)

レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)
フロントガラスに設置されたカメラが走行車線の白線を認識。
ドライバーが車線変更以外で意図せず車線を逸脱した場合は、警告音とディスプレイ表示でドライバーに注意を促します。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
 (272)

バイキセノンヘッドライト
美しいデザインを際立たせながら、夜間走行では広い視野を確保します。
スタイルとテクノロジーを兼ね備えた先進技術が安全で快適なドライブをサポートします。

ブラインドスポットモニタリング(BSM)
リアバンパー内に設置されたレーダーで自車両の左右後方の死角を常に監視。
後続車両の急接近など危険な状況と判断すると、サイドミラー内にある警告灯が点灯し、車両後ろ側方に障害物があることをドライバーに知らせるシステムです。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
 (273)

リアクロスパスディテクション
駐車時から発車する際の安全確保に役立ちます。
自車両がバックしている際に車両後方の障害物を監視する機能です。
約35km/h以下で、後方、横から接近する車両がいる場合に警告音で知らせます。

画面表示アラーム式 フロント・リアパーキングセンサー リアパーキングカメラ(ハンドル連動ガイドライン付)
狭い駐車場への出入りや縦列駐車などでの車幅感覚の不安を軽減してくれるのがパーキングセンサーとカメラのシステムです。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
 (274)

車両の状態をモニタリング
車両の現状を絶えずモニタリングし、テクニカルデータからタイヤ、オイルの交換時期や定期点検の案内まで様々なサポート情報をオーナー様にお伝えします。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
 (275)

オートクルーズコントロール(ACC)
レーダーセンサにより前方走行車両を検知。
一定の車間距離を保ちながら自動で速度を調整します。
FCAジャパンホームページから引用させていただきました。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
最新 外車・輸入車 人気ランキング!

最新 外車・輸入車 人気ランキング!

2018年度(2018年4月~2019年3月) 外車・輸入車 人気ランキング!
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム