2019年8月2日 更新

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。

14 view お気に入り 0

ミツビシ自動車の安全運転支援機能

三菱自動車は、電波レーダーやカメラなどによって安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を開発しました。
ドライバーが安心して運転できるよう、事故を未然に防ぎ万一の場合にも被害を回避、軽減するためのシステムです。
「衝突被害軽減ブレーキ」「踏み間違い防止アシスト」「車線逸脱警報システム」「オートマチックハイビーム」などはekワゴンなど軽自動車にも採用しています。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。

安全装備

 (380)

「衝突被害軽減ブレーキ」(FCM)

前方車両をレーダーにより認識し、衝突の危険がある時は警報や自動ブレーキで衝突を回避、または被害軽減。安全運転支援を実施します。
大まかに危険度を3段階に分けてシステムを制御します。

①衝突の危険が発生した初期段階
警報と軽ブレーキアシストで回避を促します。

②衝突の危険がさらに高まった場合
警報と自動ブレーキに対応します。

③衝突の危険が極めて高い場合
警報と協力自動ブレーキでクルマを停止させます。

(注意)
・前方車両との速度差が30km/h以下で衝突回避、、軽減します。
・自動ブレーキで停止後は停止保持機能がないため停止後2秒以内にブレーキが解除されますのでブレーキを踏んでください。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (382)

「車線逸脱警報システム」(LDW)

カメラにより前方の車線位置を常時検知。
車線を外れそうになると警報で注意を促します。
わき見運転や初心者によるクルマのふらつきに効果的です。

・車速約60km/h以上で作動します。
・ドライバーが意図せず、方向指示器を操作せずに車両が走行車線から外れ車線変更しそうな場合に作動します。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (384)

「レーダークルーズコントロール」(ACC)

車両前方に設置したレーダーにより、先行車の減速、停止に自動追従。
ドライバーがあらかじめ設定した車間距離(3段階に設定可能)を保って先行車の停止状態まで追従走行します。
設定した車間距離を自動で保つので追突の危険性を減らします。また、高速道路の長距離渋滞時など、発進と停止を頻繁に繰り返す状況における運転操作の負担軽減に役立ちます。
先行車が加減速しても、ギクシャクしないように綿密にチューニングしています。
先行車がいない時でも、従来のクルーズコントロールと同様、アクセルを踏まなくても設定した速度(40~100km/h)を保って走行します。

「誤発進抑制機能」

アクセル、ブレーキペダル踏み間違い衝突防止システム
フロントカメラおよびフロントリアバンパーにそれぞれ搭載した4つのソナーが前方(約4m以内)の障害物、壁や歩行者を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルを素早く踏み込んだりブレーキ操作が遅れたりした場合、ドライバーにブザー音とメーター内の作動表示灯で警報します。
さらにエンジン出力やブレーキを制御する事で過度な加速を抑制し衝突被害を軽減します。
※歩行者検知は前進時のみになります。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (386)

「オートマチックハイビーム」(AHB)

フロントカメラにより、先行車、対向車のランプや街路灯など道路周辺の明るさを検知してハイビームとロービームを自動で切り替えます。
ハイビームを使用する事で遠方視認性を高めるとともに対向車などが接近してきた場合のレバー切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減します。
(注意)
・約25km/h以上で作動します。
・道路状況や天候状態によってはシステムが正常に作動しないケースあります。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (388)

「アクティブスタビリティコントロール」(ASC)

滑りやすい路面での車両の不安定な動きや車輪のスリップを防ぎ、安定した走行をサポートします。
車両の横滑りを感知すると、1輪または複数の車輪へ適切なブレーキングを行うと同時にエンジン出力を自動的にコントロールする事により、走行姿勢の乱れを抑制しクルマの安定性を確保します。
又、雪道の様な滑りやすい路面状況での発進時スリップを感知すると、スリップした車輪にブレーキをかけ空転を防止するとともにエンジン出力をコントロールして駆動力を適切に配分し発進加速をサポートします。

「アクティブコーナーリングライト」(ACL)

夜間の走行時にステアリングの切角に連動して車両の進行方向を明るく照らして暗い交差点やカーブなどが安心して走る事が可能になります。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (390)

「マルチアラウンドモニター」(バードアイビュー機能付き)

マルチアラウンドモニターとは車両前後と片側サイドのカメラで周囲の安全確認を支援します。
目視で確認しづらい前方下部、左側面、後方の様子をディスプレイ画面に映し出し周囲の安全確認を容易に出来る様に支援します。
見通しの悪い交差点の左右確認、後退時の後方確認など、安全確認をサポート。前方(または後方)と左側サイドを一画面で表示します。
・ノーズビューカメラ
前方下部の見通しの悪い交差点での左右を映し出します。
・リアビューカメラ
車体後方を広範囲に映し出します。さらに後退時のハンドル操作の目安としてハンドル連動予測軌跡を表示します。
・サイドビューカメラ
車体左側を広範囲に映し出します。

(バードアイビュー機能付き)
車両の前後左右 4ヶ所にカメラを設置。
目視しづらい死角になる部分をディスプレイ画面に映し出して、周囲の安全確認をサポートします。クルマを真上から見下ろしたような映像を映し出し駐車時などに大変便利になります。

(注意)
・マルチアラウンドモニターは、あくまでもドライバーの運転操作や視界を補う機能です。
ドライバー本人が必ず周囲の安全確認に十分注意してください。
・視野範囲はイメージです。
実際の視野範囲と異なる場合があります。
ミツビシ自動車ホームページから引用させていただきました。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スズキ自動車の安全運転支援機能について

スズキ自動車の安全運転支援機能について

スズキ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム