2019年8月2日 更新

メルセデスベンツの安全運転支援機能について

メルセデスベンツの安全運転支援機能に関する情報記事です。

113 view お気に入り 0

メルセデスベンツの安全運転支援機能

交通事故 ゼロを目指して

 (303)

「レーダーセーフティ」
レーダーセーフティは、雨・雪・霧などの自然現象の影響を受けにくい「ミリ波データー」などによって周囲のクルマや歩行者、路面状況を検知してドライバーの運転をサポートする先進の安全運転支援システムです。
事故の防止、軽減と乗員保護に効果を発揮します。
 (304)

「ディスタンスパイロット・ディストロニック」
最適な車間距離をキープし、車線維持もサポートします。
レーダーセンサーにより先行車を検知して、先行車の速度に応じて車間距離を適切にキープするシステムです。
先行車が減速した場合はそれに反応しスロットルとブレーキを自動的に制御して減速。
先行車がいなくなって単独走行になった場合は、あらかじめ設定していた速度で走行します。先行車が停止した場合は、自動ブレーキが作動して自車が停止するまで減速します。

※ディスタンスパイロットは、0km/h~200 km/hの範囲で作動します。
さらにアクティブステアリングアシストは、車線のカーブと先行車が不明瞭な道ではガードレールなどの道路状況を認識し、車間を維持しながらステアリング操作を支援します。
 (306)

「アクティブレーンキーピングアシスト」
疲労や不注意による車線逸脱を防止します。
フロントガラスのカメラが車線を検出。
クルマが車線から外れている事を検知するとステアリングを振動させて警告。
ドライバーの反応が遅れた場合でも自動的に補正ブレーキが作動して車線復帰を支援します。

「アクティブブラインドスポットアシスト」(降車時警告機能付き)
安全な車線変更をサポートします。
見えない死角エリアを監視します。
都市や高速道路などの走行時にリアバンパー左右のレーダーセンサーにより左右車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアに車両や自転車がいることを警告します。
さらに側面衝突の危険がある時は、ブレーキを自動制御して危険回避をサポートします。
さらに停車時、後方から接近するクルマに気付かずにドアを開けようとすると、音とアンビラントライトの点滅で危険を知らせます。
 (308)

「アクティブブレーキアシスト」(歩行者検知機能付き)
突然目の前に現れた危険に反応して歩行者などとの衝突回避をサポートします。
前走者だけでなく前を横切るクルマや歩行者などとの衝突の危険性を感知すると、ディスプレイ表示と音でドライバーに危険を警告します。
警告に反応してドライバーがブレーキを踏むと衝突を回避するためにシステムがブレーキ力を高めて安全運転支援します。
ドライバーが反応しない場合は最大のブレーキ力で自動緊急ブレーキを作動させて車両を停止させます。

(注意)
アクティブブレーキアシスト機能は約7km/h~250 km/hの範囲で前方の車両や歩行者、障害物と衝突すると判断した場合に自動的に減速して衝突回避や事故被害軽減を図りますが、路面状態や気象等の条件によってはシステムが正常に作動しない場合あります。
システムを過信せずドライバー自身が常に安全運転を心掛けてください。
 (310)

「アクティブレーンチェンジングアシスト」
ウィンカーレバーに軽く触れるだけで車線変更ができます。
移動したい車線側の方向へウィンカーを軽く操作するだけ。自動で車線変更します。
高速道路での追い越しなどが簡単になります。

(注意)
アクティブステアリングアシストが「ON」の時作動します。
車両が高速道路と認識している場合だけシステムが作動します。

「渋滞時緊急ブレーキ機能」
不意に現れた渋滞最後尾への衝突を回避。
全走行車との衝突危険を検知し、前方左右に回避スペースがないとシステムが判断すると即座に自動ブレーキが作動して、被害軽減、衝突回避を図ります。
 (312)

「被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム」
リアバンパーに設置されたレーダーセンサーが後方のクルマを常に監視しています。
自車と後方車との車間距離と接近速度から衝突の危険性があるとシステムが判断すると「ハザードランプ」を素早く点滅させて後方車のドライバーに警告するとともにインジケーターによりドライバーに警告します。
自車が停止中に、十分に減速しない後続車が接近してくると、後方からの衝突に備えてブレーキ圧を高めます。
ブレーキ圧を高めて停止性能を向上する事により玉突き衝突になってしまう二次被害の軽減を支援します。
更にシートベルトを強く引く操作が実施され、乗員をシートにホールドする事により後方からの衝撃の影響を低減します。
衝突直前に調整されるこの数センチのシートベルトの引き具合が生死を分ける大きな違いになる事があります。
乗員のダメージを最低限に抑えるセーフティ技術「PRE-SAFE(プレセーフ)」このシステムは世界で唯一のメルセデスが開発した独自の安全支援システムです。

※プレセーフは危険回避のために急ハンドルや急ブレーキの操作や車載センサーが危険な挙動だと認識した場合に一斉に作動します。
プレセーフはシートベルトの調整だけでなく助手席の背もたれと座面を適切な位置に自動調整し、万が一衝突した時に身体が前方に滑り込む事を防ぎます。
また、もしドアガラスが開けている場合は自動的に閉まり、衝突時の車内への異物の侵入及び乗員の頭や腕が社外に出て負傷するのを防ぎます。
万が一の衝突時には、衝撃音を軽減する「プレセーフサウンドシステム」も作動します。
衝突時、スピーカーから短時間ノイズを発生。鼓膜の振動を内耳に伝えにくくする事で聴覚への影響の軽減を図ります。

「マルチビームLEDヘッドライト」(ウルトラハイビーム付)
明るく広範囲な視界を高効率に実現した高性能、最先端のLEDヘッドライト
片側84個のLEDを瞬時に制御する事で前走車や対向車を眩惑させず広い範囲を照射し続ける先進のシステムです。
 (314)

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
自動ブレーキ比較 輸入車・外車編

自動ブレーキ比較 輸入車・外車編

輸入車・外車の自動ブレーキを比較に関する情報記事です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム