2019年8月2日 更新

フォルクスワーゲンの安全運転支援機能について

フォルクスワーゲンの安全運転支援機能に関する情報記事です。

22 view お気に入り 0

フォルクスワーゲンの安全運転支援機能

フォルクスワーゲンの安全思想

Volkswagenオールイン・セーフティ

事故が起きないように予防。
万一の衝突時には可能な限りダメージを軽減する。
二次被害の防止までトータルに実現。クルマが直面するあらゆる危険な状況を徹底的に考え、3つのステップで危機を回避しています。
こうした最先端の安全技術は上級モデルだけではなく全てのモデルに対応しています。
「オールイン・セーフティ」私たちが提案する、一つ先の安全性能です。

予防安全

ドライバーの疲労を軽減、運転の負担が減り長距離ドライブも安心。
適切な支援で渋滞のストレスを軽減。
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。
 (279)

「アダプティブクルーズコントロール」(全車速追従機能)
先行車との距離を自動で一定に保ち追従するシステムです。高速道路などの長距離ドライブで役立ちます。
従来のクルーズコントロール(巡航走行システム)に高度なレーダーセンサーを組み合わせ先行車を検知しています。
単独走行ではあらかじめ設定した車速まで自動的に加速して一定車速で巡航走行します。
先行車を確認すると一定の車間距離を維持することで、長距離歩行などでの運転者の疲労を低減させます。また、このシステムは低速域の渋滞などでも作動して、先行車が減速すると追従して減速し先行車が完全に停止するまでの範囲でシステムが制御します。

「渋滞時追従支援システム」
交通宇渋滞時や発進、停止が多い状況をサポートします。
「Traffic Assist」と言うシステムがあらかじめ設定した間隔を先行車と保ちながら走行して車線内を維持するように運転支援します。システムが自動的に加速、減速、ハンドル操作を制御します。

(注意)
*作動速度範囲は60㎞/h以下
*ドライバーの両手がハンドルを握っている事が条件
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。
 (281)

「レーンキープアシストシステム Lane Assist」
安全な車線維持をサポートします。
フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線を監視。
運転者の意図しない車線逸脱を検知するとハンドル操作補正を行い警告します。

「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」
車線変更時、後方側面より接近する車両が運転席から死角となり気づかすに車線を変えて衝突してしまうケースを防止、被害を軽減するシステムです。
リアバンパーに設置したレーダーセンサーが側面および後方車両との車間距離を認識して他車が側面および後方より接近中にドライバーが方向指示器(ウィンカー)を操作すると、ドアミラーに内蔵された警告灯が点滅して注意を促します。

「レーンチェンジアシストシステム」
リアバンパーの左右に設置したレーダーレーザーにより車両後方70mまでの範囲を監視。
車線変更時に伴う後続車両との衝突事故に対応しています。
後続車両が車両の斜め後ろの死角部分に入って走行した場合、ドアミラーに設置している警告灯が点灯します。
後続車両の接近に気づかすに、後続車両、接近方向に方向指示器(ウィンカー)を作動させると、ドアミラーに設置した警告灯が点灯から点滅に切り替わり運転者の注意を引き寄せます。万が一それでも接近に気づかす車線変更しようとすると、システムがハンドル操作を自動補正して軌道を修正し、接近車両との接触、衝突を回避します。

「ダイナミックコーナーリングライト」
ハンドル操作に連動して前方進行方向を明るく照らします。
ハンドル操作とヘッドライトの照射エリアを細かく調整。前方と路面状況、路肩の状況など広範囲に明るく照らし視界確保に役立ち夜間走行のストレス軽減になっています。

「スタティックコーナーリングライト」
ウィンカーと連動して点灯。低速でカーブや交差点を曲がるときに、進行方向の歩行者が確認しやすくライトが点灯する事により歩行者側にも注意を促すことにもなります。
ロービームの際は、時速40㎞/h以下で作動。
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。

安心して駐車できる

 (285)

「駐車支援システム ”Park Assist”」
入庫から出庫まで駐車の時の操作を支援します。
縦列駐車、車庫入れの駐車時に駐車可能スペースの検知とハンドル操作を自動で行います。
縦列駐車からの発進の際も、自動でハンドル操作を行い出庫の支援をします。
運転者は支援システムのガイドに従い、アクセルとブレーキ操作を行います。

(注意)
*支援システムが自動でハンドル操作を行いますのでハンドルから手を離してください。
*車両が障害物に近づきすぎて衝突しそうになると被害を軽減するために自動ブレーキが作動する場合あります。システムの各機能には限界があります。
*支援システムを過信せず、十分な注意を払い安全運転を心掛けてください。
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。
 (286)

「アラウンドビューカメラ ”Area View”」
車両周囲の状況を映像で確認できます。
運転席からは目視しにくい周囲の情報を映像で確認できるシステムです。
前後左右4台のカメラにより車両を真上から見下ろしているような合成画像をディスプレイに表示します。狭い路地や周囲の障害物が気になる場合に役立ちます。

「リアビューカメラ ”Rear Assist”」
バック時に後方視界をサポートします。
シフトレバーをリバースに入れるとリアに設置されたカメラが車体後方の映像を映し出します。車庫入れなどに後方視界を映像で支援。
周囲に子供や障害物が無いか安全確認を安心してできます。

「リアトラフィックアラート」(後退時警告、衝突軽減ブレーキ機能)
コンビニや狭い駐車場に前方より駐車して、帰りはバックで出庫する際の安全性を高めるシステムです。
駐車位置から後退する場合、車両の後方を通行する歩行者やクルマの状況確認か出来ずらいものです。このシステムは後退で発進する際、リアバンパーに設置されたレーダーセンサーにより車両後方の交通状況を監視。
ドライバーの死角から接近してくる車両を検知した場合、警告音で運転者に注意を促します。もし、運転者の対応がなかったり、ブレーキ操作が不十分な場合は、自動的にブレーキを作動させます。
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。

衝突の被害軽減・回避をアシスト

 (289)

「プリクラッシュブレーキシステム ”Front Assist”」
(シティエマージェンシーブレーキ機能付)
危険を察知して自動で止まる
全車速域においてレーダーで前方車両との距離を察知。
衝突の危険が高まると警告音と警告灯で運転者に注意を促します。
さらに、危険がせまるとハンドルを振動させ警告します。
警告を続けても運転者が衝突回避の操作を行わない場合やブレーキを踏んでも制動力が不十分の場合はシステムが自動で車両を減速させて衝突被害を軽減します。

「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」
エアバッグ機能を最大限 活かします。
事故が起きる可能性を予測して早い段階から乗員保護機能の作動に備えるシステムです。
衝突事故や横転事故が発生しうる可能性を検知すると即座にシートベルトを自動で巻き上げて、乗員をしっかり座席に固定します。また同時にドアガラスなどが開いている場合は、自動的にドアガラスを閉めて、衝突時の衝撃で乗員の車外放出を防いだり衝突時の際に発生する障害物の破損部材が車内に侵入して乗員にケガを」与える二次被害を軽減します。
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボルボの安全運転支援機能について

ボルボの安全運転支援機能について

ボルボの安全運転支援機能に関する情報記事です。
スズキ自動車の安全運転支援機能について

スズキ自動車の安全運転支援機能について

スズキ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム