2019年8月2日 更新

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

13 view お気に入り 0

マツダの安全運転支援機能

 (360)

マツダは全てのお客様に「走る歓びと優れた環境安全性能」を提供するというコンセプトのもと「事故のない安全なクルマ社会」の実現を究極の目標として安全性に関する研究開発を日々強化。運転者が正しく認知、判断することを最大限サポート。
又、安全に安心して運転できるように万が一の操作ミスにも対応できるよう事故被害を防止、軽減する技術を開発、提供します。
マツダホームページから引用させていただきました。
 (363)

安全技術

i-ACTIVSENSE(事故を未然に防止する)
対象物との距離を検知するミリ波データーや対象物を認識するカメラなどを用いてあなたの走りをサポートする先進安全技術の総称、それがアクティブセンス。
認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートする技術と事故が避けづらい状況での衝突回避、被害軽減する技術です。
マツダホームページから引用させていただきました。
 (364)

「AFS」アクティブ・フロント・ライティングシステム
夜間走行中は安全性を高めドライバーの疲労を軽減するため進行方向が明るく見やすい視界確保が大切になります。
AFSは走行スピードとハンドルの角度に合わせて運転者が進みたい方向にヘッドライトのロービームを照射します。
その技術により夜間走行中のカーブや交差点などで視界、視認性を向上させます。

「HBC」ハイビームコントロール
街灯が少ない暗い夜道では、歩行者や前方道路の状況確認が困難になります。より遠くの前方が照射できるハイビームを有効活用する事により危険を早期発見、運転者のストレス軽減などに役立ちます。
先行車や対向車がいない状況ではハイビーム走行。
先行車や対向車が接近してきた場合はロービーム走行と各センサーが対象物を検知して、ハイ・ローを切り替えを自動的に適切に作動させる夜間走行ドライバー認知支援機能になります。
テキスト ボックスハイ・ロー自動に切り替わるので従来の様に毎回手元で手動で操作するわずらわしさも無くなります。
マツダホームページから引用させていただきました。
 (366)

「MRCC」マツダレーダークルーズコントロール
高速道路などの長距離走行時にドライバーの負担を軽減。
ドライバーがアクセルやブレーキ操作しなくても先行車との速度差や車間距離をミリ波デーダーが検知認識し、自動で走行速度をコントロールする技術です。
又、単独走行の場合は初めに設定した速度で巡航走行(クルーズ走行)します。
再び先行車が接近した場合は走行速度を自動的にコントロールします。

「RVM」リアビークルモニタリングシステム
RVMは車線変更時に変更したレーンの後方から車両が接近して衝突する危険性を軽減するシステムになります。
リアバンパーに設置した準ミリ波データーで後方より接近する車両との距離を検知して警報やインジケーター表示により注意を促します。
悪天候や日射の変化にも影響受けにくいレーダーを採用。
検知範囲が広く高速走行時の後方・後側方接近車両を精度高く検知します。
新型のアテンザでは、約15km/hの低速時から作動。一般道路でも使用可能になりました。
マツダホームページから引用させていただきました。
 (368)

「プリクラッシュセーフティ技術」事故のリスクを軽減
低速で前進時又は後退時の衝突被害を自動ブレーキで軽減します。
約4~30 km/hで前進時、先行車に衝突の危険性があるとシステムが判断した場合で運転者がフレーキペダルを踏む動作に入った場合は、即座に強い制動力が発生する様支援します。
万が一ドライバーの操作が間に合わなかった場合には自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポートします。
さらに、約2~8 km/h以下で後退時にはリアバンパー中央に設置したセンサーで障害物を検知し衝突の危険性が高いとシステムが判断した場合は、自動ブレーキをかけて衝突被害を軽減します。

「AT誤発進抑制機能」
10 km/h以下で後退又は停車時、車両後方に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルが一定以上踏み込まれた場合は、警報と同時にエンジン出力をカットして急発進を抑制します。
マツダホームページから引用させていただきました。
 (370)

「SBS」スマート・ブレーキ・サポート
ブレーキの自動抑制で中高速走行時の衝突被害を軽減。
約15 km/h以上のスピードで走行中、車両前方に設置している高性能なミリ波データーで先行車を検知。さらに、ドライバーが適切な車間距離を保てるような車間認知支援システムが作動、メーター内の車間距離インジケーターが先行車までの距離変化を5段階で表示し警告します。
先行車との車間距離が縮まりドライバー自身の運転操作で衝突回避できるタイミングがせまれば前方衝突警報が作動、ドライバー自身の運転操作が遅れて先行車との距離が更に縮まれば自動的に軽いブレーキが作動。

引き続きどうしても衝突が避けられない状況までくると強いブレーキを作動させてしっかり減速させて衝突時の被害軽減や衝突回避をサポートしています。

(注意)
・先行車などの対象物の形状がレーダー波を反射しにくい場合は、システムが作動しない場合あります。
・雨・雪・霧などの悪天候状況、カーブが多い坂の起伏が激しいなどの悪い道路状況でもシステムが作動しない場合あります。

「パッシングセーフティー」事故のリスクを軽減
万一の衝突時に乗員を保護し被害を軽減します。

SKYACTIV-BODY スカイアクティブボディ
特長は高い剛性と軽量化の両立で各国の衝突安全評価を最高レベルでクリアする衝突安全ボディ。
基本骨格は「ストレート化」を目指し可能な限り直線構成します。又 各部の骨格を協調して機能させる「連続フレームワーク」をコンセプトとしています。
マツダホームページから引用させていただきました。
 (372)

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ボルボの安全運転支援機能について

ボルボの安全運転支援機能について

ボルボの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム