2019年7月22日 更新

トヨタ自動車の安全運転支援機能について

トヨタ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。

16 view お気に入り 0
 (243)

トヨタ自動車の安全運転支援機能

2016年度調べでは75歳以上の高齢運転者が関与した死亡事故の人的要因の内の50%がハンドル操作不適とブレーキ アクセルの踏み間違い並びに前方不注意でした。

この事を踏まえ政府(経済産業省)は増え続ける高齢運転者の交通事故防止対策の一環として自動ブレーキやペダル踏み違い時 加速仰制装置等を搭載した(安全運転支援車両)に対して「セーフティー、サポートカーS(サポカーS)」と言う名称をつけ、官民連携
で普及啓発に取り組んでいます。

トヨタの安全運転支援、予防安全機能システム搭載車も「サポカーS」指定されています。

重大事故と呼ばれる死亡事故の内、約7割がドライバーの操作ミスや疲れ、不注意から起こる「走行車事故」「正面衝突・車線逸脱」「追突」などになります。
トヨタの場合は多様なシーンでの事故を未然に防ぐ機能として「Toyota Safety Sense」トヨタセーフティーセンスと名付けたコンセプトシステムで衝突の回避や被害の軽減をサポートしています。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
「7大リスク対応」

●ぶつからないサポート
自動ブレーキ
プリクラッシュセーフティー

●高速道路のクルージングをサポート
ハンドル操作サポート
レーントレーシングアシスト

●車線からはみ出さないサポート
車線はみ出しアラート
レーンディパーチャーアラート

●前車についていくサポート
追従ドライブ支援機能
レーダークルーズコントロール

●夜間走行をサポート
自動ハイビーム
オートマチックハイビーム

●標識の見逃しをサポート
標識読み取りディスプレイ
ロードサインアシスト

●前車が発進した事をお知らせ
先行車発進アラーム
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (247)

「ぶつからない(追突防止)をサポート」

自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティー)概要

★ポイント1
進化した単眼カメラ(広い視野で人や車を認識)
ミリ波レーダー(対象物までの距離を感知)により幅広い場面を支援します。

★ポイント2
昼間 前方にいる自転車が急にはみ出してきてもしっかり検知。

★ポイント3
歩行者の検知能力もアップ!
死角からの横断者や夜間の歩行者も検知できるようになりました!
(注意)身長が1m以下の子供や複数の人達が集団で歩行している場合は検知出来ないので注意が必要!

★ポイント4
対車両 自動ブレーキ作動までの流れ
前方車両と衝突の危険がせまると「ブザーディスプレイ表示」で警報されます。
次にドライバーが警告音に気付きブレーキペダルを踏み込めた場青は、通常のドライバーがペダルを踏む力に加えて機械的に車が踏む力をアシストします。
これにより通常よりも確実で素早いブレーキングが可能になります。
又 最悪ドライバーが警告音に気付くのが遅れ前方車両と衝突してしまうまでに接近すればドライバーのリアクションがなくても自動的にブレーキが作動します。

【注意】【警告】
運転支援機構、予防安全システムはドライバーが安全運転を心掛けている場合の支援機構が大前提になりますので、安全に対する過信、油断がない様にしないとけません。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (248)

「高速道路などでハンドル操作をサポート」
長時間のドライブの疲れや渋滞による単調さからくる操作ミスを軽減してくれます。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (250)

★ポイント1
高速道路では常に車線中央を走行する様にハンドル操作をサポートします。

★ポイント2
運転車両が走行中に車線をはみ出しそうになった場合、警告音とディスプレイ表示で危険をお知らせし、ステアリング制御が作動します。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (252)

★ポイント3
テキスト ボックス長距離ドライブなどによる疲労が原因で軽いいねむり運転など起因して車体がふらつく場合ありますが、センサーが自動ふらつきを検知した場合は警告音とディスプレイ表示で警告します。

※ハンドル操作サポートの流れを説明

通常走行時は「単眼カメラ」が白線(黄線)を検知し車線からはみ出しそうになると警告音(ブザー)とディスプレイ表示で注意をお知らせします。

さらに車線からはみ出して逸脱すると、ステアリング(ハンドル)制御が作動して車線中央にもどします。又「レーダークルーズコントロール」をONにすると先行車追従機能が作動して車線中央をキープする様ハンドル操作をサポートします。

渋滞時は白線が見えないので白線ではなく先行車をとらえて追従サポートしてくれます。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (254)

「夜間走行時、街路灯の少ない非常に暗い道路走行中などでは自動的にハイビームにし前方確認しやすくします。又、先行車や対向車が近づくと自動的にヘッドライトが下向きになって運転者の視野をサポートします。」

★ポイント1
遠くまで照らせるハイビームだと前方にいる歩行者をいち早く検知する事が可能になります。早期発見。

★ポイント2
ヘッドライトの上下の向きが条件により自動で切り替わるので手動操作の様に面倒なライトスイッチの切り替えが不要になります!

★ポイント3
逆に先行車や対向車に光が当たりすぎないよう一部分だけ光を遮る事が出来る機能も有る。
(アダプティブハイビームシステム)
※自動ハイビームが作動する流れ

①先行車、対向車がいない時はハイビーム走行します。
②先行車、対向車が近くにいると検知した場合は自動的にロービームに切り替わります。
③周りに他車がいてロービームで走行中 先行車、対向車が再びいなくなった場合には再度 自動的にハイビームに切り替えられます。

【注意】
・見通しの悪いカーブでのすれ違い
・悪天候
・フロントガラスが汚れている、又は曇っている時
以上の様な場合は自動ハイビームシステムが正常に作動しない事があります。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (256)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム