2019年8月2日 更新

アウディの安全運転支援機能について

アウディの安全運転支援機能に関する情報記事です。

35 view お気に入り 0

アウディの安全運転支援機能

 (161)

乗員を見守り安全に導くAudi
数々の先進安全機能が運転支援します
アウディホームページから引用させていただきました。

ドライビング機能

Audiの安全先進技術は、発進から走行中、悪天候や夜間、駐車時、降車時の安全確認や視界確保、自動ブレーキやハンドリングのアシストなどドライブ中のあらゆる場面に対応しています。
アウディホームページから引用させていただきました。
 (162)

「フロントクロストラフィックアシスト」
見通しの悪い交差点、狭い道から広い道に出る時などで車両前方を横切るクルマや自転車、歩行者を検知。
ドライバーに光と音、ブレーキの振動により注意を促します。
見通しの悪い道路での出合い頭の事故を防止します。

「ターンアシスト」
交差点で右折するときに、反対車線から直進する車両と衝突するのを回避します。
右折を開始し始めた時、フロントのレーダーセンサーが前方対象物の情報を感知、システムが対向車と衝突する恐れがあると判断すると警告を発し、衝突被害軽減ブレーキを作動させます。システムは約2㎞/h~10㎞/hで走行中にドライバーがウィンカーを操作すると起動します。
アウディホームページから引用させていただきました。
 (163)

「アダプティブクルーズコントロール」
アクセルペダルを踏まなくても、あらかじめ設定した速度(30~250㎞/h)を巡航維持するクルーズコントロールに自動的に先行車との車間距離を保つ機能を追加したのがアダプティブクルーズコントロールです。
高速道路などの長距離ドライブ時には特に効果的です。
また、渋滞時では先行車に合わせて加速、減速や制動を行い先行車が停止した時は車両を停止させます。ドライバーの疲労軽減に役立ちます。
アウディホームページから引用させていただきました。
 (165)

「アクティブレーンアシスト」(車線逸脱防止機能)
走行中にドライバーの不注意でクルマが走行車線からはみ出しそうになるとハンドルを振動させて運転者に警告するとともに、クルマを元のレーンに戻す方向にハンドルを自動で動かして安全運転を支援します。
車線逸脱防止機能は速度が65㎞/h~250㎞/hで走行中、カメラが路上の白線(車線)を検知しているときに運転者がウィンカーをつけずに車線をはみ出しそうになると作動します。
アウディホームページから引用させていただきました。
 (167)

「トラフィックジャムアシスト」
渋滞でのストップ&ゴーのストレスを軽減します。
安全に前走車に追従して車間距離を適切に保ちながら走行します。
走行区分線や周囲の建物、隣車線や前方を走るクルマを感知してシステムが走行路を判断。
車線を逸脱しないようにハンドリング操作も支援します。

「アダプティブドライビングアシスト」(ADA)
従来のクルーズコントロール、レーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したものがアダプティブドライビングアシストです。
システムはレーダーセンサーとレーザースキャナーからの情報によって先行車との距離を常に監視しています。

「アウディサイドアシスト」
リアバンパーに設置されたレーダーセンサーが車両後方運転者の死角を並走する他車両を検知して車線変更時の事故を未然に防ぐシステムです。
走行中にレーダーセンサーが後方からの並走車を検知すると接近中側のドアミラー内側のLEDを点灯して注意を促します。
さらにLEDが点灯中に後方並走車両が接近する側にウィンカーを出すとLEDが点滅して衝突事故の危険を知らせます。
システムは約15㎞/h~250㎞/hで走行中70m以内後方を検知します。後方から急速に接近する車両を感知して警告します。
車線変更時の安全確認を支援します。
アウディホームページから引用させていただきました。
 (168)

「アウディプレセンスシティ」
周囲の危険な状況を感知して、クルマや歩行者との衝突を回避します。
10㎞/h~85㎞/hまでの速度で周囲のクルマや歩行者を前方車載カメラが感知します。
カメラの情報をもとに先行車両や歩行者に衝突する危険があると判断すると警告や衝突被害軽減ブレーキを作動します。
また、40㎞/h以下で走行中、危険を検知した場合はフルブレーキングにより衝突回避します。

「アウディプレセンスリア」
リアバンパーに設置されたレーダーセンサーが衝突の危険を察知すると運転席と助手席のシートベルトを自動で巻き上げ乗員をしっかりと座席に固定します。(リバーシブルベルトテンショナー)さらに、ハザードランプを自動的に点灯させることで、周辺車両に警告を発し、万が一の事故に備えます。
また、ドアガラスやスライディングルーフが開いている場合は自動で閉じて事故の衝撃による乗員の車外放出や衝突時の飛散物の車内侵入を防止して二次被害を軽減します。
アウディホームページから引用させていただきました。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム