2019年7月22日 更新

BMWの安全運転支援機能について

BMWの安全運転支援機能に関する情報記事です。

15 view お気に入り 0

BMWの安全運転支援機能

BMWの先進安全性能

 (50)

安全だから走りが愉しい。
BMWが常に挑戦しつづけている事、それは「駆け抜ける歓び」より俊敏かつダイナミックな走りの実現です。

BMWは「安心して運転ができる」「ぶつからない為のサポート」「いかなる状況でも駐車が楽々」「常に守る」を安心かつ安全なドライビングに必要な4つの柱にしています。
BMWホームページから引用させていただきました。

安心して運転ができる

「BMWヘッドアップ ディスプレイ」
必要な情報はフロントウィンドゥに投影
視線を外さす安心。常に前方路面を確認でき現在の車速確認やナビのルート案内表示確認、曲名やラジオ局のリスト確認など様々な情報確認がフロントウィンドゥに投影されるので今までの様にその都度視線を移動する事が無くなりました。

「BMWレーザーライト」
暗い夜道も安心走行、高い視認性を確保しました。
暗い高速道路などで効果的。車速70km/h以上、ハイビームで走行中に既に点灯しているLEDハイビームヘッドライトに加え、レーザーライトが自動的に点灯します。
レーザーライトはLEDライトの2倍約600m先まで照射でき夜間の視認性を飛躍的に高める事に成功しています。
対向車が接近した場合は自動的に光軸を調整。他車にまぶしすぎる被害を軽減します。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (55)

「BMWナイトビジョン」(歩行者、動物検知機能付き)
夜間走行中、前方に人や大型動物を検知した場合、警告を発して注意を促します。
グリル内に設置された赤外線カメラにより、対象物を確認。
その姿をコントロールディスプレイに映し出します。衝突の恐れがある場合は、警告音を発しながら、自動ブレーキ圧を高め可能な限り、最短制動距離で停止できる様安全運転支援します。
見え難い夜間走行のリスクを低下させ安全にBMWを走らせる体感をする事が可能になりました。

「ダイナミック・スタビリティ・コントロール」
走行中に車両が不安定になり車線をはみ出し事故になるのを事前に防止します。
天候や滑りやすい路面状況に左右されない高い走行安定性を実現しました。
カーブなどを走行中にスリップやスライドなどを検知すると、車両の挙動が乱れる前に必要に応じてエンジン出力を制御したり、各車輪毎にブレーキを即座に掛けて最適なトラクションと走行安定性を確保しました。路面状況にかかわらずBMWならではでダイナミックな走りや優れたハンドリング性をより安全に愉しむ事ができます。

「BMWエフィシェント ライトウェイト」
走りのパフォーマンスを向上させる各種軽量化
超軽量素材と呼ばれるアルミニウムやカーボンファイバー強化樹脂などを用いる事で、ボディー高剛性を確保しながら軽量化を実現しました。
この軽量化の成功により車両の安全性、安定性、快適性が向上。また同時に軽い車両ならではの加速性能向上やブレーキ性能増大にもつながりドライビングダイナミクスに大きく貢献しています。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (61)

「前後の重量配分を50:50」
理想的な重量配分と呼ばれる重量配分である
前後重量配分を50:50 理想的なエンジニアリングコンセプトと最近の軽量素材を効果的に採用した車体によってこれを実現しました。
フラットで快適な乗り心地を可能にすることにより、BMWのFR車ならではの俊敏かつダイナミックな走行性能がさらに向上しました。
ドライバーがBMWを卓越したパフォーマンスを発揮しながら安全に意のままに操る歓びを体験していただけます。

「エアロダイナミクス」
空気抵抗を減らし味方につける
車体周りの空気の流れをコントロールする事で走行安定性が一層高められるのと同時にダイナミックなドライビングを体感できます。
最適に組み合わされた、エアロダイナミクスの革新技術により優れた空気抵抗係数(cd値)を達成しています。

ぶつからないためのサポート

 (82)

「衝突回避・被害軽減ブレーキ」(事故回避ステアリング付き)
システムがブレーキかステアリングで衝突を自動回避
万が一、衝突する可能性が最大限高まったとシステムが判断した場合、ドライバーに代わって自動的にステアリング操作やブレーキをかけて先行車や歩行者との衝突回避、被害軽減を図ります。

「3Dビューカメラ」
カメラが全方向を監視しています
車両周辺の画像を3D画像で表示しながら確認したいアングルのクルマ周辺の状況を表示する事ができます。
この事により、駐車時や見通しの悪い路地、駐車場の出口などでの視認性を高まり、ドライバーは安全かつ快適な運転操作が可能になりました。

「トップビュー・サイドビューカメラ」
カメラが全方向を監視 真上から見た視線で駐車をサポートします。
前後左右など複数に設置したカメラの画像を合成して、まるで真上から見たような状況をディスプレイに表示します。
特にフロントバンパーサイドに装備されたカメラが左右広範囲な状況をコントロールディスプレイに映し出してくれます。
広範囲な状況確認が出来る様になったことで見通しの悪い路地や駐車場などの出口の視認性が飛躍的に向上。
安全なドライブ支援が可能になりました。

(注意)
車両速度が15km/h以上になると、このシステムは自動的に停止します。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (83)

「クロス・トラフィック・ウォーニング」
目視では確認しづらい死角をセンサーが監視
バンパーに内蔵されたセンサーが、駐車スペースから車を動かす場面や視界の悪いT字道路を迫む場合の死角部分を認識してくれます。
もし、車両周辺を横切る他車両や歩行者を検知した場合はコントロールディスプレイに警告表示を行い、ドライバーに注意を促します。
走行中の予期せぬ危険や見え難い確認しづらい不安に対して安心感を与える予防安全技術です。
また、他車が衝突の危険があると判断した場合は自動的にハザードランプを点灯させて、後続車に注意を促します。

「アクティブ・クルーズコントロール」(ストップ&ゴー機能付き)
先行車両に自動で追従、渋滞時の疲労を軽減
前方に設置しているミリ波レーダーやカメラが絶えず先行車両や道路状況を検知、前方車両との車間距離を維持しながら前方車両が加速すると同時に加速、前方車両が減速すると追従して減速、低速走行時では車両停止までの制御を行います。
また、前方車両が急ブレーキをかけると警告表示と音声でドライバーに注意を喚起します。
ドライバーが反応しきれず間に合わない場合は、システムが自動的にブレーキを作動させて衝突回避を行います。
BMWホームページから引用させていただきました。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。
レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能について

レクサスの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能について

ミツビシ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。
マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能について

マツダの安全運転支援機能に関する情報記事です。
ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム