2019年8月2日 更新

トヨタの燃料電池自動車

トヨタの燃料電池自動車に関する情報記事です。

15 view お気に入り 0

トヨタの燃料電池自動車(水素自動車)

トヨタは水素を「将来の有力なエネルギー」と位置づけ燃料電池自動車を社会への貢献度の高い「究極のエコカー」と考えています。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。

燃料電池自動車(FCV)とは?

水素と酸素を化学反応させて電気を作る「燃料電池」を搭載して、その作られた電気でモーターを動かします。
従来のガソリンに代わる燃料である水素は、環境に優しくさまざまな原料から作ることができるエネルギーです。トヨタが今まで培ってきたハイブリッド技術を基に応用して開発しました。
 (686)

燃料電池自動車の特徴
①エネルギーの多様化  水素は多様な1次エネルギーから製造可能です。
②ゼロエミッション   走行中のCO2(二酸化炭素)排出ゼロ
③非常時に電源供給
④使い勝手の良さ
・走行距離はガソリン車並み
・水素はの充填時間は3分程度
⑤走りの楽しさ
・モーター駆動車ならではの滑らかな走りと静粛性
・発進~低・中速域の加速の良さ
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
トヨタフューエルセルシステム(TFCS)
MIRAIの実例

燃費・走行性能
加速性能、応答性、静粛性、そして快適な乗り心地。
その全ての要求にハイレベルで応えています。
燃料電池自動車ならではの、異次元の走りを実現。
モータードライブと綿密な設計(低重心、空力性能、重量の最適レイアウト、高剛性ボディ)の融合です。
スムーズな加速やワインディングロードでの安定したMIRAIならではの走りを体感できます。


「滑らかな加速と圧倒的な静粛性」
アクセルを踏み込んだ瞬間から強力なトルクが立ち上がり、力強くスムーズな加速を全車速域で発揮。
運転者の気持ちに応える優れたレスポンスで伸びやかな加速を堪能できます。また、高遮音性ガラスを全ドアガラスに採用するなど高い静粛性を追求しています。


「走行性能」
①低重心化
FCスタックと高圧水素タンクなどパワーユニットを床下に配置。重心を下げることで車両姿勢の変化を減らし優れた操縦安定性を確保しています。

②空力性能
アッパーボディへの徹底した空力対策に加え、アンダーボディ床下全体をフルカバー化し床下空気抵抗を低減。低燃費に貢献しています。また、カバーに風の流れを調整する垂直フィンを設定することで優れた操縦安定性も確保しています。

③重量の最適レイアウト
重量のあるFCスタックや水素タンクなどをクルマの中心に配置。前輪駆動でありながらミッドシップのような効果が得られる前後重量バランスを実現しました。

④高剛性ボディ
サスペンション(フロント・リア)周りの剛性強化。
ボディ骨格部材への高剛性素材や剛性強化に寄与する構造用接着剤の採用、ドア周辺スポット溶接の増し打ち。
FCスタックのスレームでアンダーボディの骨格を支える事でねじり剛性を確保。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (689)

燃料電池自動車は水素と酸素で発電

①静かな化学反応が大きな力になる
燃料電池自動車を動かすトヨタフューエルセルシステム、その中心に位置するのはトヨタ初の量産型燃料電池。
「トヨタFCスタック」です。作り出すのはクルマを動かす為の電気。
そして排出するのは水というとてもパワフルでクリーンな動力源です。

②水素と酸素の化学反応により発電
燃料電池自動車のパワートレーンとなるTFCSは、トヨタがこれまでに培ってきたハイブリッド技術を基盤に捉え、燃料電池技術を融合し開発。
FCスタックと駆動用バッテリーの二つのエネルギー源を最適に使い分けて、モーターを駆動しパワフルかつ高効率な走りを実現しています。

③燃料としての水素。扱いやすさは「ガソリン並み」クリーン性は「ガソリン以上」
「燃費が水素」その便利さはガソリン車と同等です。
専用の水素ステーションで素早く補給、そのまま長距離ドライブが楽しめます。走行中の二酸化炭素排出量はゼロで大変環境に優しくなっています。
*一回の給油で約650km走行可能です。
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (691)

トヨタは燃料電池関連の特許実地権を無償で提供しています。

燃料電池自動車の早期普及を後押しするためトヨタは約5,680件の燃料電池関連特許の実施権を無償化(2015年1月6日)

水素社会の実現に向けて積極的に貢献していきたいと考えています。

トヨタが自社開発した燃料電池自動車のコアテクノロジー
・FCスタック
・FC昇圧コンバーター
・駆動用バッテリー
・モーター
・パワーコントロールユニット
・高圧水素タンク
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (693)

万が一の非常時も電源として活用できます。

災害時に灯りを確保するための電源として利用。
避難所の灯りや炊き出し家電の電源になりました。
救護用エアーテント設営時の電源として活用。
いざという時に、クルマが他の人の力になれたら、そんな想いから生まれたトヨタの新しいチャレンジが始まっています!
トヨタ自動車ホームページから引用させていただきました。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2020】トヨタの燃料電池車 新型「ミライ」

【2020】トヨタの燃料電池車 新型「ミライ」

2020年12月9日、フルモデルチェンジをうけたトヨタのFCV(燃料電池自動車)「ミライ(MIRAI)」が発売となった。
ホンダの燃料電池自動車

ホンダの燃料電池自動車

ホンダの燃料電池自動車に関する情報記事です。
トヨタハイエース オルタネーター交換。

トヨタハイエース オルタネーター交換。

トヨタハイエースKR-KDH200V オルタネーター交換。
新型トヨタ ハリアー カスタム塗装。

新型トヨタ ハリアー カスタム塗装。

新型トヨタ ハリアー カスタム塗装。無塗装樹脂パーツ塗装。
トヨタアルファード エンジン警告灯点灯。

トヨタアルファード エンジン警告灯点灯。

トヨタ アルファードエンジン警告灯点灯。コンピューター診断修理。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム