2019年8月1日 更新

燃費アップのポイント

燃費アップのポイントに関する情報記事です。

25 view お気に入り 0

「燃費とは?」

Traffic Vehicle Car - Free photo on Pixabay (754)

ハイブリッド車や電気自動車などの出現で年々エンジン動力の役割が低下していますが、燃費はまだまだ改良の余地があり、燃費とは何かを知っていると自動車購入時のヒントに役立つと思います。
当方が長年自動車整備業に従事してきた観点から言いますと、車両重量が軽い車種程燃費に有利になるのが通説です。
「燃費」や「車両重量」は自動車カタログの中の「諸元表」と言う項目に記載されています。「諸元表」には他に「長さ」「幅」「高さ」「最少回転半径」など知っていれば「車庫」選びに役立つ情報が記載されていますので、知らなくて自動車購入後に後悔が出ないよう、その意味を理解することをお勧めします。
カタログ上、燃費の値を示す項目は「JCO8モード」又は「WLTCモード」になります。」
両モードは一定の取り決め通りに車を実走行させて1Lのガソリンで何Km走行出来るかを表した数値になります。この数値は大きい程、燃費がいい車両と言う事になります。
しかし、カタログデーターと実走行データーでは現実的に差が発生している様で、実データーはカタログデーターの8割前後が多い様です。
又、いろんな走行状況でも燃費の数値は変動します。
一般的に燃費の数値が良い走行スタイルは高速道路やバイパスなどを使用した一定走行の割合が多い場合が主になります。
逆に燃費が悪いケースは信号待ちが多い、渋滞が多い、急な坂道の上がり下りが多いなど頻繁にアクセルのON、OFFを伴うケースが多いです。
さらに整備士の観点から言うとメンテナンス不足から発生するエンジン不調、無駄な荷物の積みすぎ過積載、タイヤ空気圧の調整不足、摩耗などが注意点になります。

「燃費アップ・燃費改善のポイント」

Park Parking Autos - Free photo on Pixabay (756)

①軽量化

燃費を上げる秘訣は何と言っても車両の軽量化になります。
長距離ランナーで太っている人はいませんよね?
体重が軽い程、マラソンでは体力消費が少なくなります。
自動車も同じで車重が軽い程少ない燃料でより遠くまでの走行が可能になります。
冬のシーズンが終わっても天井にキャリアー装着したままにしていませんか?
重さにして5~10kgが加算されたままになっています!
又、天井にキャリアーを装着すると走行中の空気抵抗が増しエンジンに負担がかかります。
トランクにゴルフバック積みっぱなしにしていませんか?
ゴルフバックは平均10kg前後と言われています。
後方に10kg増すと発射時に大きな負荷が発生します。
ゴルフバックも使用しない場合は出来る限り降ろす様に心掛けましょう。
さらにタイヤやホイールも軽量化できます。
最近のエコタイヤは従来のハイブリッドタイヤに比べてかなり軽くなっています。
当方は整備時にタイヤの脱着作業をよくしますので、ここ数年本当に軽くなっているのを肌感覚で実感しています。
ホイールも大切なアイテムになります。
もし現在装着されているホイールが「鉄製」なら「アルミ製」に変更をお勧めします。
「アルミ」は「鉄」に比べて比重が軽く、スポーツカーの外装部品によく使用される程、軽量効果はバツグンです。
自動車好きな方は、ホイールを止めているボルトまで鉄製から「アルミ製」や「ジェラルミン製」に変更、軽量化されています。
この場合は注意点を補足しておきます。
ネットで「安価」な商品を購入されることはお勧めできません。
なぜなら製品自体の強度、耐久性が不足している場合が多いからです。
ホイールボルトの軽量化には少し注意が必要になります。少しずつの努力の積み重ねが、燃費向上につながります。
無駄な荷物は積まない、軽い製品に変更出来る場合は変更する。
当方の長年の経験からの提言になります。

②定期的なメンテナンスの勧め

どの様な道具でも使いぱなっしではそのうちガタがきて本来の様に効率良く使用できなくなります。自動車も同様です。
エンジンオイルの交換 定期実施されていますか?ATFやCVTオイルを交換された事あるでしょうか?潤滑油とか作動油と呼ばれている油脂類はいろんな機械製品が滑らかに正確に作動する為の補佐役として大変重要な役目を担っています。
家庭の天ぷら油が調理後劣化する様、エンジンオイルやオートマオイルも時と共に劣化していき本来の性能を発揮できなくなっています。
エンジン内部の潤滑作用が失われると回転抵抗が増えたり、軽い焼き付き現状が発生して燃費悪化に直結します。
又、今までに点火プラグ交換された記憶ありますか?
最近、発進時や坂道の加速時にパワー不足感じるのは点火プラグの劣化が原因かもしれません。ガソリンエンジンは燃料を点火プラグで爆発させて その爆発の威力を推進力に変えて走行しています。点火プラグの劣化で混合気が不完全燃焼しているとメーカーの想定より多くの燃料を必要としてしまい燃費悪化に直結します。
又、その場合エアーフィルターの清掃もお忘れなく!!

「燃費を良くする運転、悪くする状況」

 (757)

全く同じ車種でも運転する人のスタイルや走行状況によっても燃費結果は大きく異なります。昔から言われている基本中の基本は「急発進」「急加速」「急ブレーキ」と「急」の付く運転を控える様にとの教えが一般的になります。
又、出来る限り渋滞を避け一定走行が出来ると理想的だとも言われています。
今は「ナビゲーション」の進化により「渋滞情報」の入手や「回避ルート検索」も便利になりました。
さらに自動車メーカーにもよりますが同メーカー同士の車両が情報共有する事により、リアルタイムで道路状況の把握が可能になっています。
ゆとりを持った、ゆったりとした運転を心掛け「ナビゲーション」などの情報を常に活用してスムーズな運転を目指しましょう。
 (758)

10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

燃費悪化の要因・原因

燃費悪化の要因・原因

燃費悪化の要因と原因に関する情報記事です。
日産【 新型ノート】e-POWER

日産【 新型ノート】e-POWER

2020年11月24日に、日産の『新型ノート』が初公開された。
エンジンオイルの基礎 豆知識。

エンジンオイルの基礎 豆知識。

エンジンオイルの基礎 豆知識。
エンジンオイル・ATF・CVTFの重要性。

エンジンオイル・ATF・CVTFの重要性。

エンジンオイル オートマオイル CVTオイルの解説です。
女性のための愛車ガイド!

女性のための愛車ガイド!

女性のための愛車を長持ちさせるためのガイドブック。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム