2019年7月22日 更新

プジョーの環境性能について

プジョーの環境性能に関する情報記事です。

22 view お気に入り 0
 (466)

プジョーの環境性能

自動車メーカーであるプジョーにとって、環境保護への取り組みは最優先事項です。
高い環境性能、燃費性能を誇るクリーンディーゼル、BlueHDi
アクセルを踏んだ瞬間に味わえる圧倒的なトルクと加速が魅力になります。
プジョーホームページから引用させていただきました。

「クリーンディーゼル テクノロジー」

 (468)

1 独自の排出ガス浄化技術
PSAグループが開発したBlueHDiテクノロジーは、AdBlue® を使用する選択触媒還元(SCR)に微粒子フィルター(DPF)を組み合わせ、エンジンから排出された窒素酸化物(NOx)を処理します。
SCRの触媒でNOxを水蒸気(H2O)と窒素(N2)に分解し、NOx排出量を最大90%カットすることに成功しました。
この技術は、PSAグループ独自のものであり、多くの特許を取得しています。世界で初めて量産車にDPFを標準装備するなど長くディーゼルエンジンの開発研究してきた経験と技術の蓄積が生かされています。
BlueHDiエンジンは、308、308SW、3008、508、508SW、5008の各モデルに搭載されています。

※PSAグループとは、プジョー、シトロエンを統括するグループ会社になります。

2 AdBlue® と SCRテクノロジー
ディーゼルエンジンの性能や燃料効率に影響を及ぼすことなく環境に配慮するために、プジョーは排出された窒素酸化物(NOx)を窒素(N2)と水蒸気(H2O)に分解する装置には、AdBlue® 選択触媒還元(SCR)を使用して排出ガスの処理を行います。その効果があり最新の欧州排出ガス規制EVR06や日本のポスト新長期規制をクリアーしています。
AdBlue® は不燃性で無色、無臭の尿素水溶液
トランクルーム下部にタンクで貯蔵しています。

3 最先端のクリーンテクノロジー
BlueHDiエンジンでは、選択触媒還元(SCR)を微粒子フィルター(DPF)の上流(エンジン側)に配置することによって、エンジン始動直後(低温時)から迅速にNOx除去が可能となり、同時にDPFの効率も高めています。
また、DPFのコンパクト化にも努めています。
SCRとDPF この組み合わせは、排出ガスの処理には効果的です。
プジョーホームページから引用させていただきました。
 (470)

●(実例1)BlueHDiエンジン
クラストップレベルの燃費性能と動力性能のベストバランス 1.6ℓBlueHDi 120ps
排気量1,560㏄、4気筒SOHCディーゼルターボ17:0という高い圧縮比に加えエンジン内部の摩擦抵抗を徹底的に軽減。
また、エンジンの素材も鉄製からブロック部分を総アルミ製にすることなどにより約4Kg軽量化できました多くの新しいテクノロジーにより極めて高い効率性を実現。
同エンジン搭載のプジョー308AllureBlueHDiの燃費は21.0㎞/ℓ
また、6速AT、EAT6との組み合わせにより低燃費、高トルクを発揮しています。

●(実例2)2.0ℓBlueHDi 180ps
低回転域から400Nmという圧倒的なトルクを生み出す2.0ℓ 4気筒ディーゼルターボエンジン。
新しい可変ジオメトリーターボチャージャーは、優れたレスポンスを発揮します。また同時に広い回転域で高いトルクを保ち続け、力強いスポーツ性能を実現しています。
同エンジンはプジョー508GT搭載 最高速度は230㎞/h、0―100㎞/h加速は8.5秒

●(実例3)PureTechエンジン
1.2ℓPureTechターボエンジンは、2018年度のインターナショナル・エンジン・オブザイヤーの1.0~1.4ℓ部門で4年連続最優秀賞を受賞しました。
受賞理由のトップは、優れた効率性が生み出す低燃費とCO2排出量の削減性能でした。
プジョーの次世代に向けた最新技術が独自の6速EATとの組み合わせで再び最高の評価を獲得しました。
最高出力96㎞(130Ps)最大トルク230Nm
小排気量ながら200バールの高圧燃料噴射システムによって極めて高い燃料効率を実現しました。
また、1,750rpmという低回転域から強大なトルクを発生して力強く加速します。
この強大なトルクは、ワンランク上1.6ℓの自然吸気エンジンをも上回るパワーになっています。
プジョーホームページから引用させていただきました。

「ストップ & スタート」

信号待ちなどでエンジンを自動的に停止。
又、再始動するストップ&スタートシステムを装備しています。
不要なアイドリングを抑制することにより、燃費向上に大きく貢献しています。
また、ダッシュボードに設置されている「ECOスイッチ」によって運転者が任意にONとOFFを切り替えることができます。
プジョーホームページから引用させていただきました。

「オートマチックトランスミッションEAT6」

過去の実績と信頼性を積み重ねてきた6速ATは、308への搭載にあたって更なる改良が施工されました。
内部の摩擦ロスの低減、ロックアップ領域の拡大。
さらにボディ(車体)の軽量化とエンジンの改良トルクの増大によってハイギアード化が可能になり燃費を大きく向上させています。

※6速EAT:6速エフィシエント・オートマチック・トランスミッション
プジョーホームページから引用させていただきました。

「車体 EMP2プラットフォーム」

 (477)

プジョー最新の車体、プラットフォームEMP2は、大幅な軽量化を実現。
強度が求められる部分には超抗張力鋼板を、それ以外の部分には軽い複合素材やアルミニウムを使用することで強度を高めながらの軽量化に成功しました。
軽量化されたことにより、優れた加速性能やハンドリング性能の向上はもとより、燃費や空力特性の向上、CO2低減にも貢献しています。

また、ロングホイールベース化によって室内空間のゆとりや静粛性も向上しています。
走行性に関係する車両の重心も低められており、走行運動性能が大幅に向上しています。

※EMP2:エフィシエント・モジュラー・プラットフォーム2

プジョーのエンジニアとデザイナーは燃費効率の向上のため日夜開発に励んでいます。
プジョーホームページから引用させていただきました。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

BMWの環境性能について

BMWの環境性能について

BMWの環境性能に関する情報記事です。
2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー

2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー

2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー 株式会社SUBARU スバル レヴォーグ
ディーゼル自動車のメンテナンス。

ディーゼル自動車のメンテナンス。

最近のクリーンディーゼル車は、コンピューターを使った繊細な制御で成り立っています。 しっかりと整備しないと繊細な制御が不可能。従来よりメンテナンスが大切になりました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム