2019年7月22日 更新

BMWの環境性能について

BMWの環境性能に関する情報記事です。

100 view お気に入り 0

BMWの環境性能

 (452)

近年、地球温暖化防止という点において、ハイブリッドや電気自動車と並びエコカー市場を席巻しつつあるのが「クリーンディーゼル」です。
クリーンディーゼルは、ガソリンエンジンに比べCO2の排出量が少ないことは、日本ではあまり認知されていません。
クリーンディーゼルは、ガソリン車に比べ平均約25%もCO2の排出量を抑えています。
ヨーロッパでは、1990年代後半からディーゼル車が急激に支持されはじめ乗用車におけるディーゼル車の普及率は50%を超え「クリーンで低燃費」という認識を得ています。
BMWホームページから引用させていただきました。

「BMW CLEAN DIESEL」

 (455)

BMWクリーンディーゼルは、数々の新しいテクノロジーを結集

●軽量
BMWクリーンディーゼルは、アルミニウム合金製
クランクケースやシンプルな構造の排出ガス処理技術などによって、従来の鋳鉄製ディーゼルエンジンに比べ、大幅な軽量化を実現しました。
車両重量をガソリン車と同等とすることで燃費の向上だけでなく、軽快な走りにも寄与しています。

●50:50
BMWは、一般的にガソリン車に比べてエンジンが重くてフロントヘビーになるディーゼルモデルでも、前後約50:50の理想的な重量配分を実現しています。
FR(後輪駆動)コンセプトとの組み合わせによって俊敏性と妥協のないダイナミズムをもたらしています。

●高回転
BMW320dに搭載された2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジンは、最高出力140Kw(190PS)を4,000rpmで発揮します。
また高回転域までトルクを落とさずに気持ちよく吹き上がるため、従来のディーゼル車のイメージを覆すスポーティーなドライビングを愉しむことができるようになりました。

●BMW BluePerformanceテクノロジー
黒鉛やすすの主成分である排出ガスの中の粒子状物質は、DPF(粒子状物質除去フィルター)とエンジン制御によって燃焼除去。
光化学スモッグや酸性雨の原因となるNOx(窒素酸化物)は、排出ガス中のものをNOx吸蔵還元触媒内に一時的に吸蔵した後に、水、窒素、二酸化炭素に還元して排出します。
BMWホームページから引用させていただきました。
クリーンディーゼルは、熱効率が非常に高くガソリン車に比べて約18~30%も低燃費になります。
安価な軽油燃料を使用して、燃費が良く、一度の給油でより多くの走行ができるため、給油の回数も減り、給油する手間が減り、経済的なメリットももたらしてくれます。
例えば、BMW320dの場合、燃料タンク満タンの状況にすれば、約1,200Kmという驚きの航続距離を実現しました。この距離は高速道路で利用例を例えるならば「東京―福岡」間に相当します。また、ディーゼルの醍醐味と言えば低回転域からの強いトルクが味わえる独特のドライブフィーリング。
BMWのクリーンディーゼルは、アクセルを踏んだ時の素早いレスポンスと低回転、低速域における強いトルク特性を発揮しています。

※BMWクリーンディーゼルモデルは、1,750rpmから最大トルクを発生します。

●高速道路などの合流時、大きなトルクで力強い加速が可能なため、走りに余裕が生まれます。

●きつい坂道でも、軽快に登りきれます。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (459)

「BMW PHEV プラグイン・ハイブリッド」

 (460)

BMWiの最先端技術を投入した新世代ハイブリッドモデル

BMWの新世代ハイブリッドモデルは、長年培ってきた先進の内燃エンジン技術と電気モーターの優位点を融合させ、さらにその上にBMWiで成し得た技術を投入して、特別な価値観を世に示せました。
その名称は、BMWiPerformance

●近くから遥か遠くまで、あらゆる距離を最高の効率で
BMWiPerformanceモデルは、先進の内燃気エンジンと強力な電気モーターが完全に連携し優れた効率を実現した新世代のPHEVです。
近距離、近場なら電気モーターのみで燃料を使用せずゼロ・エミッション走行が可能となり、特に都市部では理想的なドライビングを実現しました。
例えば、BMW740eiPerformanceの場合、電気モーターの動力のみで最大42Km走行可能です。

●iPerformanceモデルの真価
燃料消費量と排出ガスを最小限に抑えながら、BMW本来のダイナミックに走る歓びを最大限に向上させるBMWEfficientDynamicsを採用。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (462)

●BMW225xeiPerformanceアクティブツアラー
エネルギーに満ちたクルマ
BMW225xeiPerformanceアクティブツアラー
は新開発したシステムを幾度となく走行試験を重ねた末に誕生し、卓越した燃費性能と比類なきドライビングを両立させることに成功しました。
BMWEfficientDynamicsに基づくBMWeDriveテクノロジーにより、燃料を使用せず電力のみに走行するEV走行距離は42.4kmまで達成しました。
また、CO2を排出することもなく、EV走行の特長の一つでもある、極めて静かに走ることも実現しています。
CO2排出もなく、静かに走行可能なクルマは都市部での移動には最適な一台になるでしょう。

極めて高効率な走りを実現するeDriveコンセプトはプラグインハイブリッドモデルの卓越した性能を証明しています。
インテリジェントエネルギー・マネジメントシステムがフロントセクションの内燃機エンジンとリアアクスル上の電気モーターを相互に制御。
走行モードや高性能リチウムイオンバッテリーの充電状況に応じて、2種類の動力源が個別に、あるいは連携して車両に動力を供給します。
内燃機エンジンが前輪を駆動、後輪は電気モーターが稼働することにより最適なトラクションを確保。
必要に応じてBMW225xeiPerformanceアクティブシアラーは革新的な
4輪駆動システムとなります。

●都市の今を超えていくエネルギー
インテリジェント・エネルギー・マネジメントはBMWiPerformanceコンセプトの中核となるものです。
このシステムは卓越した効率性とドライビングダイナミクスとを両立しながらEV走行距離をさらに引き延ばすため、電気モーターによってBMW全てのドライブコンポーネントの相互作用を制御します。
また、充電に関しても自宅でのよりスムーズな充電だけでなく、拡大化する公共の充電ステーションに対応したナビゲーション機能も進化させていきます。
BMWホームページから引用させていただきました。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

BMWの電気自動車について

BMWの電気自動車について

BMWの電気自動車に関する情報記事です。
EV 電気自動車を購入時の注意点!

EV 電気自動車を購入時の注意点!

EV 電気自動車を購入する場合の注意点。日常の走行で気を付けるポイントなどをご紹介。
 2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!

2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!

2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!
テスラの電気自動車について

テスラの電気自動車について

テスラの電気自動車に関する情報記事です。
プジョーの環境性能について

プジョーの環境性能について

プジョーの環境性能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム