2019年8月2日 更新

自動ブレーキ比較 輸入車・外車編

輸入車・外車の自動ブレーキを比較に関する情報記事です。

54 view お気に入り 0

輸入車・外車の自動ブレーキ比較

1「メルセデスベンツ」レーダーセーフティ

 (548)

交通事故ゼロを目指して。
事故原因の約88.5%に対応。
天候に左右されにくい特長を持つミリ波レーダーセンサーは、車両のフロントにあるスリーポインテッド・スター内部に設置されています。そのミリ波レーダーにより、クルマの周囲の状況を認識してドライバーをサポートする先進の安全運転支援システムです。
このシステムと全車標準装備の」自動緊急ブレーキ機能、そして世界最高レベルの堅牢なボディにより全ての乗員の安全を守ります。

●アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付き)
突然、目の前に現れた危険に反応し、歩行者などの衝突を回避します。
前走車だけでなく前を横切るクルマや歩行者などとの衝突の危険性に対して警告を発し、ドライバーがブレーキを踏むと危険回避のための強力な制動力を発揮します。
さらに、衝突の危険性の警告に運転者が反応しない場合、支援システムが衝突を避けられないと判断して自動緊急ブレーキが作動、被害軽減を効果的に支援します。
アクティブブレーキアシストは約7~250㎞/h(歩行者検知機能は約7~70㎞/h 静止した障害物に対しては約7~100㎞/h)の範囲で前方の車両や障害物と衝突する可能性があると判断した場合、作動し自動的に減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。

【注意】
状況により歩行者や小型の障害物に反応しない場合あります。
システムを過信せず安全運転を心掛けましょう。
メルセデスベンツホームページから引用させていただきました。

2「BMW」先進安全性能

 (551)

安全だから走りが愉しい。
BMWの先進安全性能。
BMWが常に挑戦し続けている事、それはより俊敏かつダイナミックな走りの実現。
誰が乗ってもBMWらしい卓越した走りを愉しめる事。
“駆け抜ける歓び”をさらなる高みへ引き上げる努力を続けています。
その“駆け抜ける歓び”を愉しむのに不可欠な要素こそ、安心かつ安全にドライビングできることです。

●ぶつからないためのサポート
システムが、ブレーキかステアリングで衝突を自動回避、衝突回避、被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)前方車両などとの車間距離が近づいている状況で、ハンドルやブレーキ操作など、ドライバーによる事故回避行動がないまま、衝突が不可避と判断された場合はシステムが自動的にブレーキをかけて先行車や歩行者との衝突回避、被害軽減を図ります。ブレーキによって衝突が回避できない場合は、ステアリング操作支援システムが介入します。
走行中の予期せぬ危険を予防することで常にリラックスしてBMWならではの走りを愉しむことができます。

【注意】
車両の状態によってはシステムが正常に作動しない場合あります。
検知機能、制御機能には限界があります。
安全機能を心掛けましょう。

3「アウディ」アウディプレセンスフロント

 (553)

先進的な予防安全のシステム「アウディプレセンス」
複数のセンサーやカメラからの情報を基に事故の危険を予見して様々な形でドライバーをサポートするシステムです。

●「アウディプレセンスシティ」は追突のリスクを軽減するシステムです。
85㎞/h以下の速度で走行中、車載カメラからの情報をもとに他の車両や歩行者との接触可能性が検知された時は、ドライバーに警告するとともに必要に応じてブレーキも作動させます。場合によっては、衝突回避のため自動的にブレーキをフル作動します。

●「アウディプレセンスフロント」
約10~250㎞/hで走行中の前方車両を、約10~65㎞/hで走行中は前方を横断中の歩行者も検知します。
危険を察知するとドライバーに警告音と警告灯で注意をします。状況に応じてブレーキを作動させます。
さらにドライバーが反応しない場合は、自動的にフルブレーキを作動させ、衝突の衝撃を軽減または衝突自体を避けるために最大限の減速を行います。

●アウディはセンサーとカメラを駆使したこれらのシステムを自動車の安全性を向上させる有望な技術と捉えて開発に力を注いできました。
今後も最高水準の安全テクノロジーを幅広い人々に提供していきます。

【注意】
車両の状態、道路状況、天候状況によりシステムが正常に作動しない場合あります。
システムを過信せず安全運転を心掛けてください。
アウディホームページから引用させていただきました。

4「フォルクスワーゲン」VWオールインセーフティ

 (557)

なにより、事故を起こさないための「予防安全」
ドライバーの疲労を軽減、適切な運転支援でストレスを軽減します。
自動ブレーキはペーパードライバーにとっては大切な「お守り」とも言える機能にもなります。また、前方車両が急ブレーキの際などは運転者の判断より先に警告する事が多いので、安全な機能だと実感するドライバーの支持を得ています。

●プリクラッシュブレーキシステム “Front Assist”
(シティエマージェンシーブレーキ機能付)
危険を察知して自動で止まります。
全速度域においてレーダーで前方車両との距離を検知。
衝突の危険を感知するとブレーキシステムをスタンバイし警告音と警告灯でドライバーの注意を喚起します。
それでもドライバーが衝突回避操作を行わない場合やドライバーによるブレーキングが不充分な場合は、プリクラッシュブレーキシステムが回避操作に介入して、自動で車両を減速させて衝突被害を軽減します。
また、30㎞/h未満での走行中にはシティエマージェンシーブレーキ機能が作動します。

【注意】
車両の状態、路面状況、天候状況によりシステムが正常に作動しない場合あります。
システムを過信せず安全運転を心掛けてください。
フォルクスワーゲンホームページから引用させていただきました。

5「ボルボ」INTELLI SAFE

 (560)

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最新 外車・輸入車 人気ランキング!

最新 外車・輸入車 人気ランキング!

2018年度(2018年4月~2019年3月) 外車・輸入車 人気ランキング!
BMW ミニ レックス・コーティング施工。

BMW ミニ レックス・コーティング施工。

BMW ミニ レックス・コーティング施工。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム