2019年11月12日 更新

【新車】ダイハツロッキー

軽自動車が得意のダイハツが、そのノウハウを注ぎ込み 開発したのが排気量1.000ccダイハツロッキーです。

394 view お気に入り 0

【新車】ダイハツロッキー

 (4661)

機能紹介ムービー 新型ロッキー Image Movie ダイハツ公式

トヨタ自動車との共同開発によるプラットフォーム(車体)「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を使用したダイハツロッキーです。

近年 コスト削減の意味合いが強いのですが共同研究 共同部品の使用が増える流れになっています。他の工業製品も同じですが自動車開発には研究開発費が莫大になってしまいます。

共同研究になると分かりやすく乱暴に説明すると、研究費用が各メーカー半額になる様なものです。研究費が少なく済むと販売価格も安価に設定でき購入者に安心して受けいられ易くなります。

今回の新型ロッキーは、車格も5ナンバーサイズに抑えコンパクトカー並みの取り回しの安さを
継承しています。また最小回転半径を5.0mと素晴らしいセッティングです。

排気量はターボ付きですが1.000ccになって税金関連でも魅力的です。

安全運転支援

安全機能や先進機能も盛り込まれており、予防安全機能「スマートアシスト」や運転サポート機能「スマートアシストプラス」で構成された「次世代スマートアシスト」も採用されており、ロッキーでは、後方確認サポートの機能となるBSM(ブラインドスポットモニター)とRCTA(リアクロストラフィックアラート)が新たに追加された。また、「つないでサポート」・「見えるドライブ」・「見えるマイカー」・「つないでケア」で構成された「ダイハツコネクトサービス」、車内Wi-Fiサービス「ダイハツWi-Fi」、スマホアプリ連携の3つのサービスで構成された「ダイハツコネクト」に対応する(サービスを利用するには、メーカーオプションの「スマホ連携ディスプレイオーディオ」又は販売店オプションの「ダイハツコネクト」対応ナビゲーションを装着する必要がある)。
安全運転支援も最新のラインナップを採用。運転に対する不安やストレスの軽減に貢献しています。

ロッキーの様な趣味性の高い車両では、休日の遠出も増えるでしょうから、

高速道路の走行時または、知らない道を走行する場合の危険察知の支援が多い程

魅力的になります。

外観 デザイン

フロントマスクには、大きなグリルを採用して力強い雰囲気になっいてます。

またターボ付きのエンジンではエンジンルーム内の温度が高温になるので

前方からの風を取り込みやすい大きなグリルは実用面でも安心です。
 (4669)

新型ロッキーのボディサイズ

全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
ホイールベース:2525mm
最低地上高:185mm
タイヤサイズ:195/60R17

新型ロッキーのボディカラーは?

 (4671)

コンパーノレッド
レーザーブルークリスタルシャイン
マスタードイエローマイカメタリック
ファイヤークォーツレッドメタリック
ナチュラルベージュマイカメタリック
シャイニングホワイトパール
ブライトシルバーメタリック
ブラックメタリック

ダイハツ新型ロッキーの内装(インテリア)デザイン

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2021年 1月 軽自動車販売ランキング!

2021年 1月 軽自動車販売ランキング!

2021年 1月 軽自動車販売ランキング!
【新車】ダイハツ軽SUVタフト

【新車】ダイハツ軽SUVタフト

ダイハツ軽SUV新型タフト。6月10日発売 価格は135万3000円から!!
失敗しない軽自動車の選び方!

失敗しない軽自動車の選び方!

失敗しない軽自動車の選び方!
新古車(未使用車)のメリット。

新古車(未使用車)のメリット。

新古車(未使用車)のメリット。
新車コペン マフラー取付けコーティング施工。

新車コペン マフラー取付けコーティング施工。

新車コペン マフラー取付けコーティング施工。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム