2021年11月7日 更新

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」「ダイハツ・ロッキー」の姉妹車

167 view お気に入り 0

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」

 (5832)

トヨタのコンパクトSUV「ライズ」にハイブリッドモデル登場!
エンジンで発電してモーターで走る「e-SMARTハイブリッド」搭載
トヨタはコンパクトSUV「ライズ」を一部改良して販売開始した。
新開発1.2Lハイブリッドシステム
「e-SMART(イースマート)ハイブリッド」搭載モデルを設定している。
小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現した「e-SMARTハイブリッド」は、低・中速走行に強く、街乗りで使用されることが多い小型車に適したシステムです。
 (5834)

モーターならではの滑らかな加速やレスポンスのよさ、アクセル操作のみで多くのシーンでの加減速をコントロール可能にする「スマートペダル(S-PDL)」の採用
信号待ちなどで頻繁にストップアンドゴーを繰り返す街乗りでアクセルから
ブレーキへの踏みかえ頻度が減り、疲労感の少ないドライブを実現する。
 (5836)

スマートアシストの機能も強化しており、衝突警報や自動緊急ブレーキが夜間の歩行者にも対応。標識認識機能が読み取れる交通標識の種類が増加した。全車速対応型アダプティブクルーズコントロールについても、電動パーキングブレーキの採用により停車時のブレーキ保持を実現。渋滞時の利便性を向上させています。
 (5838)

ライズ ハイブリッドは、新開発の1.2リッターエンジンとハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド」を組み合わせて搭載しているのでエンジンは主に発電専用とし、その電力を使って100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用しています。 シリーズハイブリッドというと、日産が「ノート」や「セレナ」「キックス」に搭載する「e-POWER」と同じ仕組みです。
 (5840)

【211万円〜!】ロッキー/ライズ に e-SMARTハイブリッド搭載! 211万円からの小型ハイブリッドSUV登場で 日産ノート e-POWER 危うし!?

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トヨタ初の量産EV、航続距離500キロ!

トヨタ初の量産EV、航続距離500キロ!

トヨタ初の量産EV、航続距離500キロ。新型EV「bZ4X」を発表 2022年半ばに販売開始。
ホンダ、S660を650台限定で追加販売。

ホンダ、S660を650台限定で追加販売。

ホンダ、リクエストにこたえ「S660」を650台限定で追加販売。
人気のトヨタ カローラ クロス 。

人気のトヨタ カローラ クロス 。

人気のトヨタ カローラ クロス 。「トヨタ・カローラ」シリーズ初のSUVとして登場。
EV マイクロカー

EV マイクロカー

EVマイクロカー(ミニカー)プリウス1台分の駐車スペースに2台置けるミニマムサイズ。
2021年 1月 乗用車販売ランキング!

2021年 1月 乗用車販売ランキング!

2021年 1月 乗用車販売ランキング!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム