2021年10月29日 更新

トヨタ初の量産EV、航続距離500キロ!

トヨタ初の量産EV、航続距離500キロ。新型EV「bZ4X」を発表 2022年半ばに販売開始。

91 view お気に入り 0

トヨタ初の量産EV、航続距離500キロ!

EV専用のブランドとなる「TOYOTA bZ」

 (5743)

トヨタ自動車は世界での展開を目指すEV=電気自動車の専用ブランドの車を
来年半ばから販売すると発表しました。
2025年までに同じブランドで7車種を投入する計画で、
世界のEV市場に本格的に乗り出します。
bZ4Xは、以下4つの価値を念頭にトヨタがスバルと共同開発した、SUVタイプのEVである。
・ヒトとヒト:快適な移動空間に加え、大切な仲間とすごすかけがえのない時間と新しいライフスタイルを提供する。
・ヒトとクルマ:EVならではの運転の楽しさ、可能性を期待させるワクワク感をもたらす。
・ヒトと地球:CO2排出量などのマイナスを減らすだけでなく、プラスを生み出す。
・ヒトと社会:安全・安心な社会づくりに貢献する。
 (5747)

主な市場となるのは、中国・アメリカ・欧州・日本など、EVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多く見込まれる国々。また車の屋根の部分に取り付けたソーラーパネルは年間で1800キロを走行できる分の発電ができるということで、災害時などには充電設備がなくても移動できるのが特徴です。DC外部給電機能(V2H、V2L)も備わっており、アウトドアシーンや災害による非常時に大出力の電力を住宅や家電に供給できるのも、bZ4Xの長所のひとつである。
 (5749)

電池容量は71.4キロワット時で、航続距離は460~500キロメートル前後になる。トヨタの開発担当者は「いたずらに航続距離を延ばすのではなく、長年の電動車のノウハウを生かした部分でトヨタらしさを出す」と語り、電池寿命や安全性の高い制御システムで特色を出した。
 (5751)

電池は世界トップレベルの耐久性をうたう。経年劣化で少なくなっていく容量を10年後でも90%維持することを目標に開発した。電池の電圧や温度を多重監視するシステムを採用し、発熱の兆候を検知して予防できるようにした。
 (5753)

bZ4Xの核となるEV専用「e-TNGA」プラットフォームは、トヨタがスバルと共同開発したもので、低重心・高剛性化がウリである。そのフロア下には総電力量71.4kWhのリチウムイオンバッテリーを平置きにマウント。モーターとトランスアクスル、インバーターを一体化した「e-Axle」や、充電機能と電力分配機能を集約したESU(Electricity Supply Unit)も配置される。
 (5755)

インテリアにおいては、ステリングホイールのリムより上方にメーターパネルを視認する「トップマウントメーター」を採用。ステアリングホイールとタイヤが機械的に結合されない「ステアバイワイヤシステム」と横長の異形ステアリングホイール「ワンモーショングリップ」を組み合わせた仕様も選択可能となっている。この電子制御ステアリングシステムは、路面からの不快な振動をカットできるため、あらゆるシーンでドライバーの負荷を大きく減らし、操舵感や走行安定性を向上させるとうたわれる。ファブリック張りのインストゥルメントパネルや、ダイヤル式のシフトセレクターもトヨタ車としては珍しいディテールといえる。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

EV マイクロカー

EV マイクロカー

EVマイクロカー(ミニカー)プリウス1台分の駐車スペースに2台置けるミニマムサイズ。
トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」

トヨタ新型「ライズ ハイブリッド」「ダイハツ・ロッキー」の姉妹車
ホンダ、S660を650台限定で追加販売。

ホンダ、S660を650台限定で追加販売。

ホンダ、リクエストにこたえ「S660」を650台限定で追加販売。
人気のトヨタ カローラ クロス 。

人気のトヨタ カローラ クロス 。

人気のトヨタ カローラ クロス 。「トヨタ・カローラ」シリーズ初のSUVとして登場。
スバル 新型EV『SOLTERRA(ソルテラ)』

スバル 新型EV『SOLTERRA(ソルテラ)』

スバル 新型EV『SOLTERRA(ソルテラ)』11月11日に世界初公開することを公式Webサイトで明らかにした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム