2019年8月2日 更新

ダイハツ自動車の安全運転支援機能について

ダイハツ自動車の安全運転支援機能に関する情報記事です。

25 view お気に入り 0

ダイハツ自動車の安全運転支援機能

ダイハツは、予防安全機能「スマートアシスト」をはじめ様々な予防安全機能を幅広い車種に展開できるように開発し更なる安全性を求めて進化させてきました。
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (222)

 (223)

ダイハツは、予防安全機能「スマートアシスト」をはじめ様々な予防安全機能を幅広い車種に展開できるように開発し更なる安全性を求めて進化させてきました。
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。

安心・安全なカーライフを実現する3つの味方

・もしもの時に事故を回避「スマートアシストⅢ」衝突回避支援システム
・「いつも」の苦手を安心サポート「ドライブサポート」
・「これも」つけて安心・安全をプラス「セーフティーオプション」
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (227)

「スマートアシストⅢ」(先進の安全性能)
クルマだけでなく歩行者との衝突回避もサポート
衝突警報機能と衝突回避支援システム
走行中に前方の車両と歩行者を検知、衝突の危険性があるとシステムが判断した場合には、ドライバーへ衝突警報で注意を喚起します。
さらに、衝突の危険性が高まった場合には緊急ブレーキで減速、停止します。
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (231)

①衝突警報機能
走行中に前方の車両や歩行者を前方に設置したステレオカメラが検知、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示で警告します。

②事前ブレーキ
衝突の危険性がさらに高まったとシステムが判断した場合は、自動的に弱いブレーキをかけます。

③被害軽減ブレーキアシスト
事前ブレーキが作動している時、ドライバーが危険に気付きブレーキペダルを踏み込むとブレーキアシストが作動して制動力を高めます。
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (230)

④緊急ブレーキ
万が一、衝突が避けられないとシステムが判断した場合、自動的に強いブレーキで減速、
衝突回避や被害を軽減します。

(注意)
対車両の場合は前方約60m以内で検知、対歩行者の場合は前方約30m以内で検知。
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。
 (234)

「車線逸脱警報機能」
ロングドライブ高速道路走行中に起こりやすい疲れや眠気からの車線はみ出しを警報します。
約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の区画車線から逸脱しそうになるとドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促します。
(注意)
・道路上の車線がかすれたり、汚れたりしている時は作動しません。
・方向指示器を使用している場合は作動しません。

「誤発進抑制機能(前方・後方)」
駐車場などでブレーキペダルとアクセルペダルを踏み間違えた時の急発進を抑制

・誤発進抑制機能(前方)
前方約4m以内に壁などの障害物等がある事をステレオカメラが検知している時にシフトポジションを「D」にしたまま必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合に急発進を抑制します。

・誤発進抑制機能(後方)
後方約2~3m先までに壁などの障害物がある事をソナーセンサーが検知している時に、シフトポジション「R」にしたまま必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合に急発進を抑制します。

※エンジンの出力を制限する事で、急発進を抑制します。
ダイハツ自動車ホームページから引用させていただきました。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2019年 1~6月 軽自動車 人気販売ランキング!

2019年 1~6月 軽自動車 人気販売ランキング!

2019年 1~6月 軽自動車 人気ランキング!
2021年 1月 軽自動車販売ランキング!

2021年 1月 軽自動車販売ランキング!

2021年 1月 軽自動車販売ランキング!
ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能について

ホンダの安全運転支援機能に関する情報記事です。
【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

【重要】最新安全装置を装着した車の事故修理注意!

最新の安全装置が装着されたクルマの事故修理には特別な注意が必要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム