2019年8月2日 更新

BMWの電気自動車について

BMWの電気自動車に関する情報記事です。

22 view お気に入り 0

BMWの電気自動車

使命(ミッション):ゼロ・エミッション

 (614)

革新的な BMW eDriveテクノロジー
電気だけで走行するBMW iシリーズは、100%電気自動車なので排気ガスをまったく出さないゼロ・エミッション走行を実現。
i3なら1回の充電での走行距離は360kmです。
また、ドライバーの求める走行スタイルに合わせて「ECO PRO」「ECO PRO+」といった走行モードがスイッチを押すだけで選択できます。


「充電について」(i3例)
・自宅などに電気自動車充電用コンセントを設置すれば付属の電源ケーブルでいつでも充電が可能です。

・外出先でも、BMWi専用ナビゲーションやスマートフォンのアプリを使用して公共の充電ステーションの検索が可能。

・BMWiウォールボックスプラスを使用すれば、平均約12~13時間で高性能リチウムバッテリーを満充電することができます。

・急速充電にも対応しており、約50分で充電可能。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (616)

「極めて軽量で高い強度を誇るカーボンファイバー」
強化樹脂(CFRP)製のパッセンジャー・セル(車体)と革新的な技術によって、より快適にくつろげるゆとりの室内空間が生まれました。

・最高出力 125KW   車両重量 1,300Kg


「遠出も安心の走行距離」
BMWi3の新型バッテリー(120Ah)では、実走行距離として従来の94Ahモデルの+30%となる466Kmです。


「走り出し(スタート)直後から最大250Nm」
電気自動車の特長、長所である高トルクを発生させる電気モーターにより、力強く発進します。また極めて静粛で滑るように都市を走り抜けます。
傑出したトルク、後輪駆動、そして抜群の小回り、取り回しが、優れた俊敏性を発揮します。


「再生可能・持続可能なコンセプト」
インテリアにはリサイクル可能な再生材から作られた素材や部品を随所に採用しました。
環境に配慮した再生可能な原料を新しく上質なクオリティーで仕上げたのがBMWi3のインテリアです。
空間の隅々まで息づく再生可能な考えかた、コンセプトを私たちは乗るたびに実感することができるでしょう。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (618)

「BMW i8クーペの説明」
BMW iヴィジョンを具現化するため技術を搭載。
時代の流れを加速させるハイブリッドスポーツカー。
BMW i8クーペがスポーツカーというセグメントに革命を、スポーツカーでありながらコンパクトクラス並みの燃費性能と低排出ガスを実現し、持続可能を前面に押し出した未来志向の新世代ハイブリッドスポーツカーです。

・ツインパワー・ターボ・エンジンと電気モーター 2つのパワー
BMW i8クーペは新世代ハイブリッドスポーツカーとして、フロントには軽量で力強い電気モーターを設置。
リヤには高性能な直列3気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載しています。
このパワフルは2つの駆動システムの組み合わせにより、並外れた力強い走りと、優れた省燃費を両立出来ました。
切り替えスイッチでフロントのみEV走行モードに切り替えれば、静かに、しかも排出ガスを一切出さず最高時速120km/hまで走行可能です。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (621)

「走行状況がドライバーの好みに合わせて3つのモードが選択できます」

①コンフォート・モード
コンフォートモードは、電気駆動のみで走行を開始して、65km/hを超えるとガソリンエンジンが可動し始め、乗り心地と航続距離のバランスのとれたモードであります。
さらに、e Driveスイッチを押すと電力だけで走るゼロ・エミッション走行になります。

②ECO PROモード
ECO PROモードは、電気モーターとガソリンエンジンの両方の組み合わせが最適化され、更に航続可能距離を延ばすことが可能です。


③スポーツモード
スポーツモードは、電気モーターのブースト機能を最大限に発揮。
ギア・シフトやサスペンションもスポーツ設定となり、よりダイナミックなドライビングを体感することができます。
BMWホームページから引用させていただきました。
「走りを追求する究極のボディ」
BMW i8クーペの流麗なラインとシルエットは、前方へ力強く進もうとする印象を与え、静止している時でさえ、その走りのポテンシャルを感じさせます。
最高水準の美しさと完璧なエアロダイナミズムを目指してデザインされました。


「Life Drive構造、インテリジェントな軽量設計」
革新的なLife Drive構造は、それぞれ独立した2つのユニットで構成されています。2つのユニットは軽量な、カーボンファイバー強化樹脂製(CFRP)のライフモジュール。
その下部には、重いバッテリーを駆動システムの間に搭載するアルミニウム合金製のドライブモジュールになります。
この革新的な配置と素材の選択によってBMW i8クーペはドライビングダイナミクスに重要な50:50の重量配分と低重心。そして、軽量化を実現しました。

※カーボンファイバー強化樹脂
カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)は、鉄(スチール)より50%軽量で極めて丈夫な素材です。
この素材を重量車に使用することで、全てのパーツを最適な位置に配置することができました。
また、車両の軽量化だけでなく、安全性向上にも大きく貢献しています。


「BMW iコネクテッド・ドライブ」
BMW i8クーペは、今 ご使用のスマートフォンを利用して最寄りの充電ステーションの検索や電気走行による航続距離をいつでも確認することが可能です。
BMWホームページから引用させていただきました。
 (623)

「BMW iのサクセスストーリー」
プロジェクトi
2008年の春、BMW最高の知識者たちがミュンヘンの極秘の工場に集結され、未来に対する野心的な目標について検討を始めました。
その目標とは、アーバン・モビリティを革新するというものでした。
そのプロジェクトは「プロジェクトi」と呼ばれ、重要な使命が与えられました。
その使命とは、「以前の成功を忘れ、ゼロから全てを考え直すこと」だったのです。


「BMWヴィジョン・エフィシエント・ダイナミクス」
省エネルギー技術を既存のモデルに組み込み、省エネルギー開発をする試みが行われています。そのテスト、開発によって省エネルギーに焦点を当てた車体と駆動システムが特別に開発されました。
この画期的な理念が、その後 多くのBMW新車開発においてテクノロジー開発の基盤となっています。
BMWホームページから引用させていただきました。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テスラの電気自動車について

テスラの電気自動車について

テスラの電気自動車に関する情報記事です。
ニッサンの電気自動車について

ニッサンの電気自動車について

ニッサンの電気自動車に関する情報記事です。
 2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!

2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!

2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!
ミツビシの電気自動車について

ミツビシの電気自動車について

ミツビシの電気自動車に関する情報記事です。
BMWの環境性能について

BMWの環境性能について

BMWの環境性能に関する情報記事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム