2019年8月2日 更新

テスラの電気自動車について

テスラの電気自動車に関する情報記事です。

18 view お気に入り 0

テスラの電気自動車

 (626)

電気自動車はガソリン自動車より優れていて、速く、楽しく、運転に妥協する必要がないことを証明したい。世界を持続可能なエネルギーへ。
また、多くの努力と改善により、これまでで最も手ごろな価格の自動車を製造し、より多くの方達の元へ届くように今後も製品の開発を続け、最終的にクリーンな移動手段とエネルギー生産の台頭を加速します。
電気自動車、バッテリーそして再生可能なエネルギーの生産と貯蔵方法は既に別々には存在していますが、それらを組み合わせることで、更なる力を発揮します。
それが、テスラが目指す未来です。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。

パフォーマンスと安全性(Model S)

 (629)

Model Sは路上において最も安全なクルマとなるようデザインされた素晴らしい自動車です。
テスラの強力な電動モーターの力により、時速100キロまでの加速時間は、わずか2.7秒です。また、高速道路での安全運転支援、オートパイロット運転支援も搭載されています。

「アダプティブヘッドライト」
Model Sには、LEDアダプティブヘッドライトが装備されています。優れたスタイルに磨きをかけるだけでなく、安全性も向上しています。

「対生物兵器モード」
微粒子状の排ガスの99.97%以上とアレルギー物質、バクテリアやその他の汚染物質を車内の空気から取り除く、HEPAエアフィルトレーションシステムが装備されました。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。
「完全自動運転対応ハードウェア」
テスラの工場で生産されるモデル3を含む全ての車両に、人が運転するよりも安全性を大幅に向上することができる完全自動運転対応のハードウェアが搭載されています。


①最先端のセンサー能力
8台のサラウンドカメラは、360度の視界と最長250m先まで視認可能です。
また、アップデートされた12個の超音波センサーは、以前のバージョンの約2倍の距離まで高い精度で物体を認識、検知しカメラの視界を補完します。
最先端の技術が採用されたレーダーは、さらなる情報を認識し、豪雨、霧、鹿や前方を走るクルマを見通すことが可能です。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。
 (632)

②40倍の処理能力
前世代の40倍以上の処理能力を持つ新型車載コンピューターがハードウェアから得られる全てのデータを解析しています。
また、テスラの開発した視覚、センサー、レーダープロセッシングソフトウェア用のニューラルネツトを管理します。
これらを全て組み合わせることで、このシステムは全方向を同時に監視して、人間の感覚だけでは感知し得ない情報を取得して、ドライバー以上の視界から世界を捉えます。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。
 (634)

③エンハンスト オートパイロット
進化したオートパイロットは、より優れたドライビング体験を実現しています。
テスラは、周りの交通状況に応じて、スピードを調整し、車線を逸脱することなく走行します。さらに、運転者による操作を必要とせず車線変更し、高速道路を乗り継ぎ、目的地に近づくと高速道路を降り、駐車場では自動で駐車。

※全ての運転者は、オートパイロット作動中であっても、常に周囲の状況に注意を払う責任があります。また、いつでも運転操作が自身で行えるように準備する必要があります。

将来のナビゲーションでは、一度高速道路に乗ってしまえば、後はテスラがいつどのように走れば良いか決めてくれます。目的の出口まで確実に到着するだけでなく、より順調に流れるレーンに車線変更する機会を見逃しません。出口に到着するとテスラは高速道路を降り、スピードを緩め、運転をドライバーに譲ります。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。
 (636)

「AWD」
デュアルモーターのModel Sは従来の全輪駆動(AWD)システムとは一線を画します。フロントとリアの各車軸に一つずつ割り当てられた合計2つのモーターで、フロントはフロント、リアはリアとトルクを独立的に制御します。
その結果、いかなる状況下でも圧倒的な性能を発揮します。

「安全性」
Model Sは、路上で最も安全なクルマとなるようゼロからデザインされた車両です。
車体のアルミ製の乗員スペース下部には独自のサブフレームに格納された電気ドライブトレインが安全性向上に貢献しています。このような配置によって車の重心が下がってハンドリングも向上。また、横転リスクが下がりました。
側面は鉄製のレールで補強されたアルミ製ピラーが組み込まれています。この構造により衝突物の車内への侵入を防いで、乗員とバッテリーパックを守っています。またルーフの剛性も向上しました。
事故の発生時には、6つあるエアバックが前後の座席の乗員を保護します。
また同時にバッテリーシステムは、主電源との接続を自動的に遮断します。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。
 (638)

「ソフトウェアアップデート」
テスラの車両には、定期的に既存の機能を強化するワイヤレスソフトウェアアップデートが、Wi-Fi経由で配信され実行されます。

「充電1回あたりの航続距離」
速度70㎞/h、外気温30度の状況では約800㎞走行可能です。
テスラジャパンホームページから引用させていただきました。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

BMWの電気自動車について

BMWの電気自動車について

BMWの電気自動車に関する情報記事です。
ニッサンの電気自動車について

ニッサンの電気自動車について

ニッサンの電気自動車に関する情報記事です。
 2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!

2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!

2019年末からMINI EV(電気自動車)生産開始!
ミツビシの電気自動車について

ミツビシの電気自動車について

ミツビシの電気自動車に関する情報記事です。
EV マイクロカー

EV マイクロカー

EVマイクロカー(ミニカー)プリウス1台分の駐車スペースに2台置けるミニマムサイズ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム