2019年8月2日 更新

高齢者交通事故防止情報

高齢者交通事故防止に関する情報記事です。

28 view お気に入り 0

高齢者にかかる交通事故防止について

1 高齢歩行者等の交通事故防止のための取り組み例

(道路交通環境の整備)
生活道路の対策、交通安全施設の整備など、国、自治体、地域住民が連携して、徹底した生活道路地域内の通過交通の排除や車両速度抑制ゾーン対策など、高齢者が安心して通行できる道路空間の確保に努めています。
なぜなら高齢者の死亡事故の多くは自宅から500メートル以内に集中しています。
警視庁ホームページから引用させていただきました。

2 高齢者本人への警告、アドバイス

 (483)

「あなたは信号無視くらいと思っていませんか?」
高齢者の死亡事故例と交通事故防止等のアドバイス。
信号無視をして横断歩道を横断したために青信号で走行してきた四輪車と衝突して高齢者が亡くなるケースが多く発生しています。
信号無視をすることは、重大事故に直結する危険行為。
絶対にやってはいけません。
また、自身が横断しようと思った信号で青信号の点滅が始まってしまったら無理な横断はやめ、次の安全な機会を待ちましょう。

「あなたは横断禁止場所を横断していませんか?」
横断禁止場所を横断したために、走行してきた四輪車と衝突して亡くなる高齢者がいます。
横断禁止場所を横断することは、重大事故に直結する危険行為です。
横断禁止の標識がある場所は、絶対に横断してはいけません。
遠回りになっても必ず横断歩道か歩道橋を渡りましょう。
警視庁ホームページから引用させていただきました。
 (485)

「自転車乗用中あなたは一時停止標識を守っていますか?」
一時停止場所で止まらなかったために四輪車と衝突し死亡してしまう高齢者も多々います。
自転車は車の仲間です。
一時停止(とまれ)の標識がある所では、必ず止まって車が接近していないか確認してから通過しましょう。
警視庁ホームページから引用させていただきました。

3 信号を守っているから絶対に安全とは限りません!

青信号に従い、横断歩道を横断している途中に交差点を右折してきた車両に衝突されて死亡するケースもあります。
車両には死角という、どうしても見えない部分があります。
運転者は横断歩道を渡っている高齢者に気付いていないかもしれません。
たとえ信号が青信号でも周りの車の動きに注意しましょう。
大型車両(トラックなど)は、まだまだ直近前方に死角が大きい場合あります。
また、車体の小さい車両(二輪車等)が近づいてくる場合は、相手のスピードや距離感が把握しづらくなりますので、もし道路を渡るときに迷ったら、絶対に無理せず車が通り過ぎるのを待ってから横断しましょう。
警視庁ホームページから引用させていただきました。
 (490)

4 「いつも通っている道だから大丈夫だと思っていませんか?」

高齢者の方の交通事故は、自宅から500m以内の近くで多く発生しています。
自宅近くだから?いつも通っている道だから?大丈夫と油断していませんか?
慣れた道でも必ず安全確認を実施しましょう。
警視庁ホームページから引用させていただきました。

5 歩行時の予防対策

「出かける前に反射材 備えあれば憂いなし!」
反射材用品を活用しましょう。
早朝、夕方、夜間の外出は、運転者から早く発見してもらうために明るい色の服装を心掛けて反射材用品を身に付けましょう。
警視庁ホームページから引用させていただきました。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

マイカーサーチドットコム マイカーサーチドットコム